痴漢を期待し待ち遠しくなった日々の告白

 はじめまして。田舎育ちの私が田舎の大学を卒業して、大阪の会社に通うようになってから毎日のように電車で痴漢にあってました。30代くらいのサラリーマンで、初めの頃はお尻に軽く触れる感じでした。

 それでも私は嫌でしたが声をあげるほどの勇気はなくて、触られても我慢するしかなかったのだけど、乗り換えまでのたった10分程度の我慢なので耐えられてました。


 女性の方パパ活はこちらをクリック

 でも私が我慢する事によって、痴漢をOKしたと勘違いされたのか、日に日に触り方がエスカレートしてお尻だけだった手が太ももに伸びてきて、相変わらず優しく撫ぜるように触られてました。

 当時の私は田舎の彼氏と別れたばかりで、彼氏が欲しかったのだけど慣れない環境で恋愛などは無縁で、寂しい夜は独りで慰めてるだけでしたので、痴漢とはいえ男性に触られ不覚にも感じてしまっていて、何時の間にか痴漢される事が待ち遠しく思うようになってました。

 そう思うようになってくると、痴漢さんが触りやすいようにスカートの丈を短くしたり、気づかれない程度にですが少し脚を開き気味でたったりしてました。

 痴漢さんも私の気持ちが分かったのか、今までよりは荒々しく触ってきて下着の中まで触られるのに、何日も掛かりませんでした。毎日、触られイクまでではなかったけれども、下着が冷たくなるほど濡らされて、仕事から帰宅すると痴漢さんの指を思い出しては独りでするのが楽しみでした。

 下着の中を触られ始め1ヶ月ほどすると、いつもの痴漢さんだけではなくて他にも触ってくる手があり、もしかすると私は触れる女の子だと知られたのかもしれませんでした。

 少し恐いと思いもしましたが、触られたい気持ちが勝っていて痴漢され続けてました。半年くらい続いてたのですが勤務地が移動になって、車通勤になってしまって痴漢に会う事もなくなり、

 いつしか痴漢の事も忘れていて6年が過ぎて去年に私は結婚して旦那と幸せに暮してたのですが春から移動で元の勤務地に変わり電車通勤になりました。あの時の痴漢さんには会えてはないですが、会いたいと思う毎日です。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ