清楚で綺麗な奥様達を見て妄想するエロな事

 公園の前を通ると、公園では妻のママ友のお母さんたちが私を見て会釈します。妻のママ友には、清純そうで可愛いお母さんや、清楚で綺麗なお母さんが何人もいて、公園で小さな子供と遊んでいます。

 その子供たちは、ママ友たちが旦那さんのペニスをオマンコに入れられて、中出しされた結果生まれたのです。あの可愛いお母さんも、あの綺麗なお母さんも、旦那さんの勃起したペニスを出し入れされて、アンアンヒイヒイ喘いで、オマンコの奥に精液を流し込まれて孕んだのです。



 そう思って見ると、とても興奮してしまいます。そのお母さんたちは妻と同年代の30代前半ですから、子供の年齢から考えても結婚は20代後半、旦那さんと付き合い始めたのは20代半ばでしょう。

 ということは、旦那さん以前にも違う何人かの男のペニスを入れられた経験があっても不思議ではありません。あの清純そうな可愛い奥さんのオマンコにも、旦那さんの知らない男のペニスが何回も入れられていたのです。

 あの清楚で綺麗な奥さんだって、旦那さんの知らない何人かの男のペニスをしゃぶったり、乳首を吸われ、クリトリスを摘ままれ、オマンコに知らない男のペニスが何度も入って、喘いでアクメに狂わされたのです。

 26歳の新婦だった私の妻も、24歳の時既に誰かのお下がりでした。整った顔立ちの妻は、とても大人しくて地味な女性でしたが、惜しげもなく広げられたオマンコの奥には処女膜はありませんでした。

 大人しくて地味な妻は、過去にどんなセックスをしていたのでしょう。24歳より若い頃の妻は、きっと若い男と付き合っていたでしょう。20代前半の男女のセックスなら、相場は決まっています。

 お互いの裸を観察し合って弄りあって、朝まで色んな性行為のしまくりでしょう。若い妻は思いきりオマンコを開げて奥まで晒し、男はカッチカチに勃起したペニスを若かりし妻のオマンコに突き立てたでしょう。

 小さくて可愛い口を目いっぱい開けて、男のペニスを咥えたのです。大人しくて地味でも女の子ですから、セックスの快感を知ればセックスが大好きになります。

 足を拡げて濡れたオマンコを全開にして、ペニスを受け入れて喘いだのは、私とが初めてではなく、全く同じことを若かりし妻は他の男と経験済みだから、私にされても素直に応じたのです。

 元彼とのセックスで、私と出会った頃にはすっかりペニスの味を覚えた床上になっていたのです。私を喜ばすフェラも、私を悶えさせる腰使いも、元彼の教育の賜物なのです。

 私の妻も、妻のママ友たちも、元彼にみっちりペニス教育されて今があるのです。そして、私のペニスでセックスを覚えた大昔の元カノも、今頃どこかで旦那さんを喜ばせているに違いありません。

 その元カノの18歳の処女膜を貫いたときのペニスで感じた感触や、その後、少しずつペニスの抽送に感じていき、やがて仰け反ってアクメに狂いだすようになるまでの過程は忘れられません。

 きっと、私の妻の処女膜を貫いた元彼も、妻が女になっていく過程を今でも忘れないでしょう。その昔、非処女だった元カノに尋ねたことがあります。「元彼を思い出すことってある?」

「元彼?覚えてはいるけど、特に思い出すってことはないかなあ。だって、今はあなたのことでいっぱいだもの。でも、あなたより好きな人ができたら・・・その時はきっと、あなたのことも思い出すことは無くなるかも・・」

 と言っていましたから、元カノ達は私を思い出すことはないのでしょう。妻も、元彼のことを思い出すことはないのでしょうね・・

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ