建築会社の職人オヤジの巨根を肛門に入れられた - 知り合いとの体験談

建築会社の職人オヤジの巨根を肛門に入れられた

 30歳・既婚です。建設会社に勤めているのですが。先週日曜出勤して、担当している現場に出たところ、内装の職人さんが一人仕事に来ていました。五十絡みの親爺ですが、ガッチリした大きな体で、怖い位なんです。

 日が暮れて来たので、帰り支度をしていると。その親爺が後ろから羽交い締めにしてきて、私の耳元で『主任さんのこと前から好きだったんだよ。優しくするから、一回抱かせてくれ。』と囁き、押し倒してきたのです。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 とても抵抗するどころではなく、あっという間に全裸に剥かれてしまいました。親爺も素早く全裸になると、子供の腕ほどもあるずる剥けの巨根を私の口に入れてきました。

 臭いチンコを喉の奥まで突っ込まれ吐きそうでしたが、射精させれば帰れるんだと諦めて、初めてのフェラをしました。ところが親爺は口では逝かず、私の両足を大きく広げて肩に担ぎ、肛門に男根をあてがってきたのです。

 アナルセックスなどしたこともないので、泣いて許しを請いましたが『こんなに勃起させていて、犯さないでくれも無いだろう』と乳首を弄ばれました。恥ずかしいことに、私は親爺にレ〇プされて感じていたのです。

 親爺の巨根が肛門に入ってきたときは、痛さで失神してしまいそうでしたが、ゆっくりと出し入れされている内に気持ちよくなり。親爺に抱きつき、腰を振ってよがり捲りました。

 最後直腸に親爺の精液を大量に注ぎ込まれたとき、私も何度目かの射精をしていました。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ