嫁の帰省中は嫁の親友とSEX三昧しています - 知り合いとの体験談

嫁の帰省中は嫁の親友とSEX三昧しています

 僕の嫁は出産を機に、勤めていた会社を退職したのですが、同期の元同僚で独身の美代ちゃんと仲が良く、時々ウチにも泊まりで遊びに来ます。嫁も美代ちゃんも32歳。美代ちゃんは美人(伊藤綾子というアナウンサーに似てます)でスタイルもよく、巨乳です。

 少し変わったところがあるので、彼氏ができてもすぐに別れてしまい、熟れ残ってる感じです。たまに泊まりに来る時は、私もに同席して、一緒にお酒を飲みます。また、嫁は酔っぱらったらすぐ寝てしまうので、二人きりで飲むこともしばしばありました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 そして先日の夜に、事件が起こりました。嫁が子供を連れて実家に帰省中に、美代ちゃんがいきなり自宅に来たのです。ピンポーン。「はい」「美代です。近くで飲んでたから、押してみました。嫁さんいる?」

 酔っぱらってハイテンションの美代の笑顔が、インターホンに映っています。「あー、今、嫁帰省中でいないけど、どうする?」「えーそうなんだ。じゃあ、またにする」「うん気をつけてね!」

 そんな感じで、一度は別れました。一応、嫁に連絡しておこうと思い、電話すると「今キャッチで、美代と話しているから待って」と言われ、しばらくすると妻から電話がありました。

「なんか、いきなり美代きたみたいだね(笑)飲み足りないみたいだから、一杯付き合ってあげてくれない?」するとすぐに、ピンポーン。「嫁から連絡きたでしょ?一緒に飲もう!」こういう流れで、自宅で飲むことになりました。

 飲みながら美代の話を聞いていると、どうやら最近また彼氏と別れたみたいで、少し自棄になっているみたいでした。一杯飲ませて帰らせるつもりが、二杯、三杯とグラスを開け、まもなく終電の時刻になる頃でした。

「そろそろ電車なくなるから、帰った方がよくない」僕は通常このパターンなら、確実にエロ展開に持っていくのですが、嫁の友達相手にさすがにそういう気にはなれずに、帰ってもらおうと思いました。

「えーまだ飲み足りない」「嫁がいない中で、さすがに泊まりはマズイよ」「じゃあ・・お邪魔しましたって嫁ちゃんにLINEしておく」と言いながら、勝手に嫁にLINEをしてしまいました。

 LINEを送ってしまった以上は、こちらも口裏を合わせるしかなく、僕も嫁にLINEで「美代ちゃん、今帰ったよ。かなり酔っぱらってた」みたいなLINEを送りました。しばらく画面を見ていたのですが「既読」にもならずに、すでに嫁は寝たようでした。

 それからまたしばらく二人で飲みました。特にエロイ話もせずに、恋愛とか仕事の話とかしてました。僕もそろそろ眠くなってきたので「そろそろ寝ようか」「うん。シャワー借りていい?」「どうぞ。嫁のパジャマも用意しておくわ」

「それだとバレると面倒なので、夫君のTシャツとスエットみたいなの借りれる?」「バレないと思うけど、それでいいなら、そうさせてもらうわ」そう言って、美代は僕のTシャツとスエットを持って、シャワーに行きました。

 僕はその間、客用の部屋に布団を敷き、美代が寝られるように準備をしておきました。美代がシャワーから出てきました。僕のTシャツを着ているからわかったのですが、想像してたよりも巨乳です。

 下着は着けていたのですが、逆にそのラインが透けて見えてエロさを倍増させています。それまで、まったくエロ目線で見ていなかったのですが、この時はじめて、「美代のおっぱいを揉みたい、舐めたい」と思ってしまいました。

「じゃあ、俺もシャワー浴びるわ。向こうの部屋に布団敷いてあるから、眠かったら寝てていいからね」「うん。ありがとう」僕は風呂場に入りました。先ほどの美代のTシャツ姿が脳裏に焼き付いて、半勃起状態です。

 そのままオナニーしようと思いましたが、やはり不謹慎だと思い、何もせずにシャワーを出ました。リビングに戻ると、美代の姿はなく、もう布団に入ったようでした。僕も寝室に行き、ベッドに横になりました。

 が、全然寝れない。あのTシャツ姿が忘れられなくて、興奮状態になってしまいました。ここまで来ると選択肢は二つ。一つは、オナニーして興奮を収める。二つ目は夜這いする。

 迷いました。嫁の友達じゃなければ、余裕で後者を選ぶのですが、もしバレた事を考えると、離婚はもとより、子供に会えなくなってしまう。仕方なく、オナニーで興奮を収めることにしました。

 ベッドに腰かけて、先ほどの美代のTシャツ姿を想像しながら、シコシコ始めました。しばらくして、フルボッキになった時です。「コンコン。入りますよ」と言って、僕が返事をする前に、美代が入って来ました。

 僕は扉に向かって腰かけていたので、フルボッキ状態を美代は目にすることになったのです。美代は慌てて、扉を閉め、扉越しに「ゴメン、冷蔵庫の水をもらっていいかなと思って・・」「いいけど・・ゴメン、何か恥ずかしい所見られてしまった」

「立派なモノをお持ちで・・」美代が少し明るい声で言ってきたので、大丈夫かなと思い「美代ちゃんのスタイルを見たら興奮しちゃったので、想像して・・」「いやだぁ・・恥ずかしい(笑)想像しなくても・・」そういって、台所の方に足音は消えて行きました。

 美代が発した「想像しなくても」の意味を、その場で直感的に理解して喜んだものの、もう一度冷静に言った意味を考えてみようと思いました。「想像しなくても、生で抱いていいのよ」「想像しなくてもいいし、オナニーするなよ」

 どっちだ?・・10~20分位は迷ったでしょうか。もう既に、フルボッキ状態を見られているという理由で、夜這いすることに決めました。ゆっくり、物音を立てず、美代の部屋に入っていきます。とはいえ、床の音や扉の音で、人の気配は感じるはずです。

 美代が何も言ってこないのは、寝ているか、受け入れる準備があるかのどちらかです。ゆっくり、美代の顔を覗き込みます。瞼は閉じられたままです。寝ているのかなと思った瞬間、瞼が開き「遅いよ。焦らしすぎ」と言って、再び瞼を閉じました。

 僕はすかさず美代の唇を奪いました。美代も積極的にキスをしてきます。ディープキスも激しくなったところで、Tシャツの上から美代のおっぱいを揉みました。念願だった美代のおっぱいです。

 美代も積極的で、ディープキスをしながら、僕の股間を摩ってきます。Tシャツの上からおっぱいを散々揉みしごいた後に、そのTシャツとスエットを脱がせました。スエットを脱がしたら、すでにパンティのあそこの部分は濡れ濡れ状態になっていました。

「あそこ濡れ濡れだよ」「焦らしすぎるからだよ。もう飲んでいるときからずっと、サイン出してたのに。鈍感」美代のその言葉でさらに燃え上がり、僕は一気にパンティを降ろし、あそこをレロレロ舐め始めました。

「いやだ。気持いいぃ~。アン」どんどん鳴き声が大きくなっていきます。美代の姿はブラジャー姿一枚で、細い脚を大きく開いて、僕が股間に顔を埋めている形になっています。

 そのうち、ヒクヒク体が動き始め「イクッ、イクッ、イクッゥー」と言って、イッてしまいました。彼女は放心状態になっている間に、僕も全裸になり、もう一度美代を抱きしめ、ディープキスをしました。

 キスをしながら、大きなブラジャーも外し、こんどはおっぱいを執拗に舐め、揉み倒しました。「今度は私の番」彼女は起き上がると、僕の上に覆いかぶさり、ディープキスをし始めました。

 彼女の舌は、僕の耳から首筋を這い、乳首に到達したところで、さらに一層絡みついてきました。その後、美代の舌は、一気に太ももまで降下して何往復かした後に、陰部に再上昇してきました。

 そこからは、気持ちよすぎてあまり覚えていないのですが、彼女の口の中はあたたかく、舌がねっとりと絡みついて、とても厭らしい音をたてながら、上下運動しました。とてもじゃないが、これだとすぐにイッてしまうので、彼女を再度寝かせ、挿入体制に持っていくことしました。

「ゴムつけたほうがいい?」僕が聞くと「今日は大丈夫だと思うから、外に出してくれればいいよ」それを聞いて、生で美代の中に入りました。出産した嫁とは違って、締まりがいいこと。奥までゆっくり入れると

「大きくて固い。・・気持いいぃ~」そのままゆっくりグリギリ腰を回すと「アン、アン」とリズミカルに鳴き始めました。正常位で徐々に刺激を大きくすると「ダメ、イクっ。いっちゃう」その言葉を聞いて、僕も強めに腰を振ると美代が再度ヒクヒクし始め

「いっちゃった。夫君、すごい気持ちいい」「美代ちゃんのアソコも凄い気持ちいいよ」そういって、ディープキスをしながら、騎乗位に持っていきました。下から見る美代ちゃんのおっぱいは圧巻で、下から突きながらも、おっぱいを揉みたおしました。

 しばらくしたら、今度は僕が疲れたので「自分でおっぱいを揉んで、腰を動かしてみて」「えー、恥ずかしい」「すごいエロくてかわいいから」こう言うと、彼女は素直に僕の要求を聞き入れ、自分で腰を動かしながら、おっぱいを揉み始めました。

 その姿が興奮すること、すること。彼女も次第に感じ始め「また、いっちゃいそう。アン」そう言うと凄いスピードで腰を振ってきました。「イクッ、イクッ」「俺もいっちゃいそう。一緒にイク?」「うん。一緒にイクッ~」

 そう美代が言ったときに、美代はヒクヒクなり、僕は美代の中で果てました。まさかの中出しです。美代が自分で僕のアソコを抜くと、信じられない量の精子が中から出てきました。僕はティッシュを美代に渡して、

「中に出しちゃったね」「ホントだよ。気持ちよかったから許すけど・・」「大丈夫かなあ」「大丈夫だと思うけど、アフターピル飲んでおく」「だったら、まだ生でできるね」そういって、美代の唇を奪いました。美代も激しく舌を絡ませてきて、2回戦に突入しました。

 2回戦が終わった後、二人とも寝てしまったものの、次の日、休みだったこともあり、翌日の夕方まで、何度も愛し合いました。うちの嫁は年に2、3回、子供を連れて田舎に帰るので、あの事件以来、嫁の帰省中には、美代と愛し合っています。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ