満員電車で始めて遭遇した痴女の体験談 - 女子校生・女子大生

満員電車で始めて遭遇した痴女の体験談

 もうかなり前の私が高校生の頃のお話しです。通学の満員電車の中での出来事です。昇降口の扉の前に立っているとなにやら股間に変な感触が。ガラスを背にした。

 お化粧の匂いのきつい女性が意味深な目をしながら私を見ていましたので、あぁ、痴漢の女バージョンかと思いながら少しドキドキしていました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 そのうち彼女は停車駅で反対側の扉があいて人の移動があった時に私の後ろに回り私をガラスに押し付けるようにして来たと覚えています。そして私の手を握る誰かの手を感じました。

 あぁ、痴女のお姉さんだなと思っていると私の手の指先になにやら妙な感触がありました。当時、童貞だった私にはピンときませんでしたが、あの感触は女性の股間、生マンコでした。

 ピンと来なかったのは童貞のせいだけではなく大人の妖しい美人のお姉さんにイタズラされて、ドキドキの頂点でただ頭の中がが真っ白になっていました。

 男の痴漢は表ざたになるのに女の痴女の逮捕は聞きませんね。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ