人妻とのSEXが中毒の始まりだった体験談

 3年くらい前の夏にSNSで知り合った人妻さん。飲みに行く話で盛り上がってたんだけど、お互い予定が合わず、会う話が先のばしになって終わりそうな時でした。仕事終わりにやり取りをしてると、彼女も仕事が終わったらしく、会うだけ会ってみる事に。

 某ホームセンターの駐車場に待ち合わせ。ドキドキしながら待っていると彼女の車が来ました。車から降りて来たのは、ちょっとぽっちゃりしたギャル系の女の子。


 女性の方パパ活はこちらをクリック

 彼女を助手席に乗せ、少し雑談をしてると彼女のボディタッチが激しくなり、あそこへ手が触れた瞬間、彼女が、入れて欲しいなっておねだり。たまらず近くのホテルへ入った。部屋に入ってすぐに、激しくキスをしあい彼女を愛撫した。

 シャツのボタンを外し、露になるEカップ。優しく揉みほぐしながら、赤い突起を刺激するとビクビクと感じる敏感さ。タイトなスカートは脱がさず、たくしあげ割れ目に吸い付く。割れ目をなめ回すと厭らしい蜜がすでに溢れている。

 物欲しそうにぱっくりと口を開けている。我慢できず、生で彼女の中に侵入する。彼女の中は温かく、棒に絡み付き快楽を私に与え続ける。OLの制服のまま、バックで部屋の入り口で激しく彼女を突いた。

 興奮は最高潮に達し、射精がちかずく。彼女にどこに欲しいかを問うと。奥に、中に出して。とお願いをする。私はより興奮して、彼女を激しく責め立て、沸きが上がる射精感を我慢し、激しく腰を打ち付けた。

 尻を鷲掴みし、深く挿入し、子宮を感じながら射精した。彼女は歓喜の声をあげ、激しくいった。脈動に合わせて、搾り上げる膣がより射精を気持ち良くさせた。しばらくして抜いたが、逆流はしなかった。

 その日、二人は興奮しお風呂で2回、ベットで2回と愛し合い、彼女は私の精子を子宮に受け入れた。帰り際、彼女はピル飲んでるから大丈夫と言った。そして、次はもっと子宮精子でいっぱいにしてね言って帰って行った。

 私が中出し中毒になるきっかけになってしまった出来事でした。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ