田舎の親睦会と言う名のセクハラ場の告白 - セクハラ・痴漢・レイプ

田舎の親睦会と言う名のセクハラ場の告白

 この春に、主人の生まれ故郷にUターンをした者です。田舎暮らしというものに多少の覚悟はしていたつもりです。でも現実は、それ以上です。住まいは主人の実家の敷地内にある離れを空けて用意して頂いたのですが

 主人は新しい仕事で隣県への出張が多く私も、地元企業で事務職として働いているのですが、この職場でセクハラに遭っています。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 毎月末になると「親睦会」と称する飲み会があるのですが3+先月の際、お店の御手洗い(男女共用)での入れ違い時に現場部署の上司に、後ろから抱きつかれて「大っきいよなあ、タプタプさせちゃってえ~」

 と、脇から差し込まれた両手で胸を数回揺するようにして揉まれてしまいました。直ぐに身を固くして、拒んだのですが向こうは酔っ払った赤ら顔のままニヤニヤして「何をするんですか‥!?」と、睨むと

「アレッ?感じさせちゃったかな~?」と、悪びれる様子もなく、今度は前から堂々と手を伸ばそうしてきましたので「大声だします‥から!」と、言うと「いいよ、出せば!

 どうせ旦那サンの実家に同居暮らししてんなら、声も出せないんでしょう?いつも我慢してる声、いっぱい出して良いよ~」だなんて、言われてしまいました。

「○○サン、酔っ払ってるのは判りますけれども、セクハラですよ!」話しの通じない、理性・品性を欠いた相手でも少しでも言い諭そうとしたのですが「ここには、東京みたいに“セクハラ”だなんて小洒落たモンなんて無えんだよ!」

「そう言うんだったら**サン(私)のそのオッパイの方が、よおっぽどセクハラだろう!」まるで叱られたみたいで呆気に取られたのですが一方で、それまでの慣れない田舎暮らしや諸々で積み重なっていたストレスからつい涙を流してしまいました。

 流石に、向こうもそのまま逃げるようにトイレに入って行きました。しかし、その翌週から仕事の用向き(日課)で、その上司を訪ねると口にこそ出しませんが、以前よりも露骨に私の顔を覗き込むように、特に胸の辺りを見て

 しかもそれを私に意識させて、その反応を楽しんでいる様子なんです。またそれは、その時々その場に居合わせている他の男性社員の人達にも同調している伏しがあります。

 こんなコト・・留守がちな主人に相談してもかえって不安にさせるだけでしょうし、今は悩みを臥せて、東京の頃のお友達にメールなどして元気を貰っています。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ