結婚30年SEXはマンネリで興奮しないので

 私は57才、妻は55才です。結婚して約30年。正直言って夫婦生活はマンネリしSEXも月に一度程度でした。しかし二か月前から状況は一変しました。久しぶりにSEXをした時のことです。

 妻がいつもと違い興奮していたのか、最中に妙なことを言いました。「知らない男の人に犯されたい」小さい声でしたが確かにそう言いました。その時は何気なく過ぎていつも道理SEXを終えました。


 女性の方パパ活はこちらをクリック

 気になって後でその事を妻に言ったのですが。妻は何も答えませんでした。しばらくして又あの言葉を思い出すと何か妙に興奮を覚えました。絶対にあの時妻は「知らない男の人に犯されたい」といいました。

 妻は真面目な女で、私が卑猥な言葉を言わせたくて頼んでも言ってくれないし、フェラチオも嫌がるほどです。そんな妻があんな事を言ったことに対して、私が以前から持っていた妄想がよみがえりました。

 よその男に妻を抱かせてそれをみてみたい。それを思うと私の自身は別人のようにギンギンになるのです。恥ずかしながらオナニーにふけることもあります。おとなしそうに見えた妻も内心では欲望があると思うと更に興奮は高まります。

 しかし私にそんな勇気はありません。よその男に妻を抱かせるなんて・・そこで考えたのが疑似SEXです。最初はソフトに始めました。妻は初めはすごく嫌がりました。いきなり後ろから襲ったり、サングラスをかけてしたりしてするのですから驚いたでしょう。

 徐々に色々と試し、手を後ろで縛ったりパンツを口に入れるなどやっている内に妻に変化が見えました。以前より明らかに違いあそこも濡れるようになったのです。よがり声も大きくなりました。今がチャンスと思いネットで購入したバイブであそこを攻めました。

 すると全く妻は変わりました。別人です。よっぽど気持がよかったのか、私の今までのテクニックが悪かったのかわかりませんが口からヨダレはたらすは、ペニスも積極的に咥えてくれるようになりました。これ程変わるとは女はすごいです。

 開発されていなかった部分が55才になって開いたのでしょう。私も以前とは違う興奮を覚え元気が甦りました。その時からは、もうどんどんエスカレートして現在に至っています。

 卑猥な言葉など絶対に言ってくれなかったあの真面目な妻が今では「オマンコして・バックからオマンコいれて」など平気でいいます。長くなりましたがそんな訳で、2か月前まで月に1回のSEXしかしなかった熟年夫婦が今は1日置きにSEXを楽しんでいます。

 今のお気に入りは妻にセクシーな下着や水着を着せてしたり、夜の公園や人通りの少ない場所ですることです。わざとノーパンにさせて暗い所でバックから立ちマンをすることです。妻の興奮度はすごいです。

 これからも新しいSEXを探して残りの人生を送りたいです。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ