忘年会のあと酒の勢いでやってしまった - 出会い系の体験談

忘年会のあと酒の勢いでやってしまった

 32歳の会社員です。昨日は会社の忘年会でした。同僚と別れて一人で駅に向いました。お酒も入り少しムラムラしてしまい何気なく見た出会い系のサイトで、気になった男性と会うことになりました。

 いつも降りる一つ手前の駅で待ち合わせして、彼の車でホテルへ行きました。彼は25歳の会社員で、背が高く爽やかな男性でした。彼女と別れて1年と言っていました。ホテルに入ると、急に緊張してしまいました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 年下の男性とお付き合いしたことも無いので、何を話していいのか。彼が先にシャワーを浴びに行きました。私もシャワーを浴び、お互いバスタオルを巻いただけでベッドに並んで座りました。

 彼も緊張していると言っていました。彼を見ると彼のペニスがバスタオルの下で、上を向いているのがわかりました。私からキスを求め舌を絡めてしまいました。キスをしながら彼の手を私のおっぱいに。彼は夢中で揉んでくれます。

 私の手はバスタオルの中の彼のペニスに。硬い。熱く脈打っていました。舐めたい。私は彼のペニスを咥えるとゆっくり奥まで入れました。彼が気持ちよさそうな声を漏らして、それは私をぞくぞくさせて、いっぱい舐めてあげました。

 彼が私のおっぱいを揉みながら、挟んでほしいと言うので、おっぱいでペニスを挟んでシコシコしました。彼がバックから入れたいと言うので、ベッドに手をつきお尻を突き出して彼のペニスを待ちました。

 彼はゴムを探しているみたいでしたので「そのまま、早く入れて」と言ってしまいました。まだお酒が残ってたから、こんな大胆なことできたのかな。カチカチのペニスが奥まであたり、頭の中が真っ白になりました。

 ベッドに戻って正常位で彼が入れました。私は彼の背中に手を回し、彼に抱き付き激しくキスを求めました。彼がもういきそう、とさらに激しくペニスを奥まで突くので、私は彼の腰に足を回し彼にしがみつくように彼の動きに身を任せました。

「お願い、このまま、このまま抱き締めたまま出して」と中出しをお願いしてしまいました。ドクドクと彼のペニスが私の奥で脈打つのを感じながら私もいきました。

 一度してしまうと、羞恥心とか、いろいろ忘れたように、彼のペニスをただ求めて彼も私の体を貪るように、激しいエッチを朝まで4回もしてしまいました。彼も久しぶりのエッチに満足したみたいです。

 私も初めての若い年下男性に興奮してしまいました。チェックアウトギリギリまでエッチして、彼に中に出してもらったので、帰りの電車でも、アソコから彼の精子が垂れてきているのがわかりました。

 男性の匂いが体中からしているみたいで周りの人に気付かれないか、ドキドキでした。中に出される、あの瞬間が忘れられなくて、止められそうにありません。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ