私の治療で先生の股間が勃起するなんて - 素人の体験談

私の治療で先生の股間が勃起するなんて

 菜奈です。一昨日、検査結果を聞く為に、再度婦人科に来院いたしました。「やはり 尿からも菌が検出されましたので、殺菌の処置をいたします」と先生から告げられました。

 あの若い看護師に「膀胱・性器の殺菌処置は手術と同じで、緊急時に対応しますので、全部の衣服を脱いで検診台に上がってください」と言うのです。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 ブラも外し、パンツも脱ぎ全裸になって検診台に載りました。両足を台に挙げベルトで固定され、開脚し、カーテンをしないのです。恥ずかしいので「カーテンゎ」と看護師に尋ねると「緊急事態の事も考慮し、カーテンはしないのです」と答える。

 間もなく、先生が来られました。全裸で股間を広げているのです!息が止まりそうなくらいショックで、頭の中がくらくらします。「膀胱の殺菌処置をしますが、大丈夫ですからね。。少し我慢してください」

 と、私の目を見ながら話し掛け、陰唇を指で広げ診察をするのです。陰唇のヒダを延ばす様に広げ、クリの包皮も下げられ、恥ずかしくて目を開けていられません。お医者様といっても男性です。

 全裸で両足を広げ、股間の局部を診察されるのです。「やはり外性器から肛門まで広く感染していますね、では膀胱の殺菌を行います」と、先生が言われた。あの可愛い顔をした若い看護師が、同性である私の外性器を先生の前で左右に広げるのです。

 もう信じられません。先生が「オ〇ッコの穴からクダを入れますからね、痛かったら言ってください」と言われる。妙な感覚で、膀胱にクダが達したのか、オ〇ッコが出る様な感じがする。

「ぜんぶ オ〇ッコを出してください」と、先生に声をかけられる。23歳の女の子が、お医者様の前とは言え、全裸で股間を広げられて排尿をさせられるのです。恥ずかしくて、恥ずかしくて死にそうなくらいです。

 その後、薬剤を膀胱がパンパンになるまで入れられ、排尿の繰り返しを2回させられました。膀胱の殺菌処置が終ると、看護師は器具を私の性器に挿入して、先生の前で強く広げ、先生は殺菌処置を始めました。

 先生にとっては「普通のこと、普通のこと」と思い、我慢しておりました。しかし、お尻の穴から薬剤を注入された時は、恥ずかしくて、恥ずかしくて、思わず「いゃ 恥ずかしい」と半べそになりました。

 ふと、先生の股間を見ると、股間が完全に膨らみ、勃起しているのです。もう本当に信じられません。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ