会社の後輩に子作り手伝ってやろかと振ってみた - 会社員の体験談

会社の後輩に子作り手伝ってやろかと振ってみた

 私は30になり、まだ結婚に固執しておらず独身。会社の5つ下の後輩(唯)が、入社2年目にして結婚。本人は、まだ乗り気じゃなかったそうですが、親が厳格なようで、お見合いで親が決めた相手と半ば無理やり結婚させられたって感じ。

 そんな感じだから、当然夫婦仲は良い方ではないようで、営みは片手で数えられる程度。一昨年の忘年会で、そういう愚痴を一手に引き受け、聞き役に徹してやると、

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

唯「先輩、私って何のために結婚したんでしょうね・・」
私「そういうの、親のエゴってんだろ。向こうの家庭とどういう関係かは知らないけど。」
唯「父の意思ですよ。旦那のことも、愛してた訳じゃないし・・とはいえ離婚するわけにもいかないし・・」
私「なんか(親には)話はしたの?」
唯「私が話そうとしても、孫はいつになるんだ?ばかりで・・でも、旦那としたくないし・・」
私「じゃぁ、俺が子作り手伝ってやろうか?」

 もちろん後輩は、一瞬驚いた顔をしてました。でも、しばらく考えた顔をして、唯「お願い・・できますか?」と小声で答えました。その日は時間が無いので、1週間後の週末、旦那が泊まり出張という日に合わせ、退社後に合流。

 軽く食事を済ませて、近くのラブホに。最初は恥ずかしいからと別々にシャワーを先に私、次に後輩が済ませ、ベッドで待っていると、タオルを巻いた後輩がベッドに入ってきました。

 私「いいの?」と聞くと、黙って頷き、私は優しくキス。そして、タオルを取ると、形の良いオッパイが露わになり、乳首を責めてやると「あん・・あん・・」と可愛く鳴いていました。

 やがて下半身を指で這わせると、すっかりヌルヌルになっていて、足を拡げさせると、やはり旦那とはあまりしていないせいか、色素沈着もほとんどない大陰唇をめくり、クリを舐めると、

 唯「あーーー!!」と、更に声を上げて感じていました。続けてクリ責めを続けていると、後輩は大きく身体を反らせて逝ったようです。一旦責めるのを止め、抱きしめてキスしてやると、

 唯「こんなの初めて・・」と言い、旦那がしてくれなかったプレイで、完全に私の元に墜ちた感じでした。私「じゃ、今度は私のをしゃぶってごらん。」といって、勃起したペニスを指差すと、えっ?という顔をしており、

私「旦那にしたことない?」
唯「旦那は、お互い触って入れて終わりだから・・」
私「じゃぁ、これ見ながらやってごらん。」

 と言って、VODでAVのフェラシーンを流してやり、最初はそれを見ながら、舐めたり咥えたりしていました。そこそこのところで、私は上に覆いかぶさり、生挿入。最初はゆっくり入れて、じっとして、

私「旦那のじゃない、おちんちんが入ったよ。これで不倫成立だね。」
唯「はい・・・好きにしてください。」

 ゆっくり出し入れしながら、後輩の中を堪能します。あまり使い込んでないせいか、動かすたびにキュンキュン締め付けてきました。体位を変え、バックから突くと、

唯「あーーいいーー!!」と、結構感じて、逝くと同時にお漏らしまで。
私「お漏らしまでして。いけない子だな。」
唯「・・・ごめんなさい・・・」
私「お仕置きしなきゃね。」
唯「・・・・」

 私は、お尻を叩いていると、唯「もっと・・お仕置きしてぇ・・」と、すっかり私の世界に入ったようです。そのままバックで挿入し直し、最後はもちろん中に。しばらく萎えるまでいて、抜くとドロッと精液が出てきました。

 後輩は、指ですくうと、唯「ありがとうございました・・うれしい・・」と笑みを浮かべていました。もちろん1週間後、後輩は旦那とSEXしましたが、計算上は安全日なので、妊娠したなら私の子である可能性が高い状態で、翌月生理が来ないので産科に検査に行くと懐妊判定。

 それから旦那とは、しばらくSEXする必要がないからと営みは当然無くなり、その間は私が好きなようにさせてもらいました。安定期に入ると、後輩にはエステに行かせ、陰毛は全て脱毛。

 お腹に負担を掛けない程度の緊縛プレイなどもするようになり、ボテ腹を毎月撮影。検診の際には私が産科への送迎をしてやりますが、8か月目には、行く直前にラブホで中出ししてやり、そのまま産科に。

 触診では、先生から『あまり負担を掛けないようにお願いしますね。』と言われつつ、いつもより長く指を入れられたようで、私が仕込んでから中逝きしやすくなった後輩は、パイパンを見られる羞恥心も合わさり、触診中も逝ったそうです。

 そして、昨年、無事男の子を出産。旦那の両親は、跡取りが出来たと、大変喜んでいたそうです。しかし、そんな中でも、私への服従心が増し、旦那が居ない時に私を呼び寄せ母乳の授乳を見せ、

 子供を寝かしつけた後は、私のペニスを咥え、大きくすると乗ってきて、母乳をまき散らせながら、ハメられて喜んでいました。引き続き中出しSEXをしてると、2人目も懐妊。

 アリバイ工作で、旦那ともしたそうですが、もちろんアソコを見ることはないので、暗い寝室で適当にやって中に出させて終わり。2人目なので、後輩も要領も得て、輪姦プレイも受け入れていました。

 私が募集した5人の男性に中出ししてもらったり、浴槽でおしっこを口で受けたりする様は、最初の頃からは想像できないくらいに淫乱に。乳首とアソコにボディーピアスしたいとのことでしたが、流石に妊娠期間と授乳期間が終わるまではと、その時は止めました。

 とはいえ、検診では、ノーパン・ノーカップブラで行き、直前まで私にハメられて中出しされたアソコを先生に晒しています。先生は触診しながらも、さりげにクリを軽く責めてくるそうで、ツボにハマった時は声は押し殺しながらも、逝ったと同時にお漏らししたそうです。

 そんな日は、帰ってからまた私を求めてきて、2発目も中に注ぎ込んでやりました。2人目は女の子で、授乳期が終わってからはピルを服用し、前に言っていたボディーピアスも施術しました。

 下の子が半年経って首が座るようになると、月一程度、実家に子供らを預け、また私が募集した男性との中出し輪姦や貸出し調教も。乳幼児保育可能な保育所も決まり、4月からは職場復帰するので、よりアリバイ作って逢引できる機会も増えるので、後輩共々楽しみにしているところです。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ