私の知ってる看護師のヤリマンのお話をします

 出会いは15年前、テレクラでした。看護科に通う高校生で今で言う援助でした。彼女は初体験の従兄にのめり込むあまり、怖くなった従兄に逃げられ荒れた状態でした。

 はっきり言って誰でも良かったのでしょう。優しく接してやると、すぐに彼女気取りでしたが、相変わらずのテレクラ生活でよく男の助手席に制服で座る彼女とすれ違ったものでした。


 女性の方パパ活はこちらをクリック

 高校を卒業して准看として勤め始めましたが寮生活の為か乱れた生活に拍車がかかりました。私の彼女を気取ってるかたわら男関係はより乱れたものとなりました。男遊ぶ彼女を見る機会が増えました。

 彼女の男ぐせの悪さは治る事も無く、職場を変わっても飲み会で持ちかえられたり、男性看護師やドクターとの関係も減ることはありませんでした。ある日、私とのセックスを拒み服を脱ごうとしないので問いただすとケジラミをうつされたらしいのです。

 しかし、彼女は『一緒にホテルに行って服は脱がされたけとセックスはしてない』と言い張るのです。私的には『ホテルに行った時点で浮気だし、陰毛が触れ合わないとケジラミなんてうつらないだろ?』と言いましたが、セックスしてないの繰り返しです。

『俺に対して服を脱がないって言ってるけど、その時はなんでホテルに行くのを拒んだり、服を脱ぐのを拒否しなかったの?』と聞くと黙ってました。その頃からか、彼女に対して何かが崩れ始めたのがわかりました。

 公園で放尿させたり、昼間の駐車場でフェラさせたり縛ったりと玩具の様に扱い始めました。彼女も私への罪悪感からかおとなしく従うので、恥辱に徹したプレイを楽しみました。しかし、私が彼女のルーズさに我慢が出来なくなり別れる事になりました。

 彼女は特に時間にルーズで約束の時間を守った事なんか有りませんでした。当然、男にもルーズで付き合った男のアド携番はメモリーされてますし連絡も取り合ってる様でした。

 男にしてみれば誘えばやらせてくれる簡単な女ですから重宝されたはずです。おまけに男にアド携番を聞かれたら簡単に教えるのですからメモリーが減ることはなかったです。

 それについて文句を言うと『なんで?ダメなの?』と言いだす始末でした。罪悪感なんて無かったみたいです。
ケジラミの一件以来、私も彼女の大勢のなかの一人として接してるつもりでしたが彼女にしてみれば私が彼氏らしく、問題や頼みごとは私にもってくるのには閉口しました。

 彼女だけが特別なのかと思ってましたが彼女の話を聞くと、とりたてて特別では無いみたいでした。一番びっくりしたのは違法薬物中毒患者と同棲してる同僚看護師の存在でした。

 ナースと言えばヤリマン、ド変態のイメージでしたがモラルすら存在しないとは驚きでした。あくまでも私の周りでの話です。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ