麻酔ゼリーはお尻の穴に突っ込むんですね - その他体験談

麻酔ゼリーはお尻の穴に突っ込むんですね

 先月、内視鏡検査をとある病院で受けたのですが、先生は若い男性医師でした。女性じゃないんだ…と思っていたら「麻酔ゼリーを塗りますから」そう言われていきなり指をお尻の穴に突っ込まれ

「気持ち悪いかもしれないけど奥の方まで塗らないと痛いなで」そう言われて我慢しました。最初は横向きだったので先生の顔は見えなかったのですが内視鏡が奥まで着くと、頭の下に枕を入れられ上向きにさせられました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 抜きながら写真を撮るためにお腹の中に空気を入れられたり時折、内視鏡を前後に動かされ残留物を吸われたり、そんな恥ずかしい画面を見せられました。時々先生の手が胸に触れたりもしました。

「あと20センチだから頑張って」先生にそう言われてほっとしたのもつかの間「最後に切れてないか見ますね」そう言われてお腹に大量の空気を入れられました。

「先生…苦しい」私がそう言っても笑いながら「我慢してね」としか言わず「これどこかわかる?肛門の裏側。お尻の裏側ね」そんな風に言われて内視鏡を前後に動かされました。

 苦しさと恥ずかしい感じ、細かい振動に「先生…ダメ」そう言うと、検査は終了し私が放心してる間に先生はいなくなっていました。もうあの病院で内視鏡検査はしたくないです・・

↓他のHな体験談を見る



ホームへ