何でも有だった出会い系の人妻との体験談 - 出会い系の体験談

何でも有だった出会い系の人妻との体験談

 もう何年も前の話ですが、出会い系でメールのやり取りをしていた人妻がいました。旦那は夜遅くまで飲み歩いて、帰宅しても寝るだけ…幼い子供の面倒もみず…といった愚痴をこぼしてました。

 何度かやりとりで「じゃ、エッチもしないの?」って聞くと「出産してから2回しかしてないし、旦那とはそんな気になれない…」「シタくならないの?」「やっぱりそういう時もあるけどね…」「自分でしてる?」



「そんな感じかな…」という感じになり、人妻から「明日の晩、子供を実家に預けたら会える?」って聞いて来ました。もちろん、会うことをにして、待ち合わせ場所を決めました。

 翌日、待ち合わせ場所へ行ってみると30代前半のスリムで清楚な感じの人妻が立っていてお互い、初めまして、という挨拶から始まり、車に乗り込みました。「初めて会うのに、お互いのこと知ってるって不思議やね。」

「本当、ちょっと恥ずかしいかも…」「恥ずかしいことも聞いたしね… 今日も欲求不満かな?」人妻は恥ずかしそうに下を向きながら「…うんっ」とのこと。そのまま許可も取らずにラブホへ入ると少し驚いていましたが、素直について来てくれました。

 部屋に入って、スリムな体を抱き寄せキスをすると、人妻の方から激しく舌を絡ませてきて「いっぱいして…」そのまま脱がせブラを取ろうとすると「胸、小さくて恥ずかしい… 出産してからペッタンコになって…」

 見ると、本当にペッタンコで少し黒ずんだ乳首の胸でしたが、舌で転がすと「あん、気持ちいい…」とよく感じるようでした。したは、ヒモのTバックで内心「やっぱりヤリたかったんだな…」と思ってしまいました。

 ヒモを外すと、剛毛でぐちゃぐちゃになった使い込まれてそうな卑猥なお〇んこが現れました。「すごいやらしいお〇んこしてるね…」「恥ずかしい… 」「チンポ欲しいの?」「欲しい… いっぱい突いて欲しい…」

「ちゃんとおねだりして」「ユミのおま〇こ、突いて下さい…」と言いながら自分でぐしょぐちょのお〇んこを広げて見せました。勃起したチン〇を擦るだけで「あん、あああっ…」と感じ始め「入れて~っ」とまたおねだり。

 剛毛で黒ずんだお〇んこからは更にやらしいまん汁が溢れだし、ゆっくりなじませながら突っ込んでいきました。「あぁ、気持ちいい、もっともっと、激しくして…」奥まで突くと「いいぃ…いっちゃう、いっちゃう…」

「やらしい、お〇んこだね、抜いちゃう?」っていじわるしてみると「いやいや、もっともっと、お〇んこ突いて…」激しくピストンすると「」いくいくいくいくっ、逝かせて~っ…」と何度も逝ってしまったようでした。

 この人妻、本当にエッチが好きなようで、その日は朝まで合計7回させられました。その後も何度も連絡があり、別れるまでの1年ほど、毎週末に会って、会うたびに朝までやりまくりでした。

 アナルやおもちゃ、潮吹き、中だしなど何でもするようになりました。今頃どうしているのかな?

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ