風邪で病院に行ったらお尻に注射された体験談 - OLの体験談

風邪で病院に行ったらお尻に注射された体験談

 風邪をひき高熱があったので、フラフラしながら昼休みに会社の近くにある病院に行きました。(その日は、決算で会社を休むことは出来ませんでした。)受付で診察券を出し10分位待った後、名前を呼ばれて診察室に入りました。

 診察室には50歳位の男の先生がいました。症状などを問診された後に「では、上半身裸になって下さい」と言われました。私は着ていた会社の制服(ブレザーとベスト)を脱ぎ、ブラウスを脱ぎ、上半身はブラジャー1枚の姿になりました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 すると先生は「よく聞こえないからブラジャーも外してください」と言いました。何の迷いも無く、診察だからとブラジャーも外しました。上半身裸となり恥ずかしい姿となりました。何回か聴診器で乳房の周辺をあてられました。

 そして先生は私の乳房を押した後、ゆっくりと私の胸を大きく揉み始めました。数分間、胸を揉まれ、声が出そうになった瞬間「ではベットに横になって」と言われました。私は脱いだ会社の制服を着て、ベットに横になりました。

 先生は看護師さんに「注射をお願いします」と指示しました。すると看護師さんは私のスカートを脱がし、パンティーを脱がしました。今度は下半身裸の姿にさせられました。恥ずかしかったです。そして、お尻に注射を打たれました。痛かったです。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ