パパの普段のエロ愛撫に違いがあり気ずいた体験談 - 知り合いとの体験談

パパの普段のエロ愛撫に違いがあり気ずいた体験談

 GW中に仲の良いママ友家族とBBCをしたんです。私の家の車庫でシャッターを開け、そこでみんなでワイワイ楽しく賑やかでした。昼間のビールって美味しいですよね、久しぶりにお肉食べたりビール飲んだりって楽しかったです。

 ビールを飲み過ぎてしまい、少し気分が悪くなったのでママ友にお願いして、ベッドで横になって居たんです。、少し眠ってしまったようで身体に違和感を覚え目が覚めました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 暫くはパパが触って居るんだって思って居たんですけど、明らかに普段とは違うの・・お尻の方まで舐められちゃうなんて、しかも舌先が中にも入って来るの・・ふと顔を見るとママ友のパパさんなんです。

 私は既に全裸に近い状態で、恥ずかしくて布団に潜ると耳元で凄く濡れちゃってます。よって囁かれ彼のなすがままに愛撫されてしまい、ダメ・・ダメって思うのですが、心とは裏腹に身体は反応してしまい愛撫で逝ってしまったのです。

 旦那は余り愛撫してくれないから、思わず彼にしがみ付き身をよじらせてしまったのです。我慢が出来ず思わず挿れてって言ってしまうと、身体が彼は微笑みながら何処に欲しいのって聞いて来るのです。

 思わず彼に抱き付いて、挿れてってお願いすると彼はゆっくり・・ゆっくりとスローなテンポで挿入するのです。思わずアッって叫んでしまったのです。

 奥にまで当たるんです。堪えようのない感覚当たるたびに身柄仰け反ってしまうのです。声にならない声が・・彼に口に手を当てられシーって言われ我に返ったのですが、我慢出来る訳ががなく彼にしがみ付いてしまいました。

 耳元で囁くのです。何処に出したら良いのって思わず奥に頂戴って言ってしまいました。シャワーを浴びて車庫に行くと、旦那やママ友は雑談しながらビールを飲んでました。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ