部下への不倫は蜜の味を満喫 - 人妻・不倫の体験談

部下への不倫は蜜の味を満喫

 初めての社内不倫は女房が長女を出産するときだった。この時は、年上の女上司が相手だった。二回目は女房が次女を出産する時で、この時の相手は同期の既婚OLだった。

 暫く社内不倫から遠ざかり、マイホームパパをしていたが、管理職になった10年前、部下とデキてしまった。俺46歳、部下のY子は22歳と俺の半分以下の年齢だった。飲み会の帰り、帰る方向が同じなので一緒のタクシーに乗ろうと二人で歩いていたら、俺の腕に身体を絡めて甘えてきた。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

「私、お父さんいないんです。課長くらいの男性に、抱かれてみたいって思う時があって・・」酔いもあって、理性が飛んで、ホテルに連れ込んだ。Y子は処女ではなかったが、女房と比べたら瑞々しい身体で、オマンコはピンクで綺麗だった。

 しつこいくらいにクンニしたら、クンニだけで逝ってしまった。暫くしてフェラさせたが拙かったので、俺好みの亀頭フェラを仕込んだ。念のためスキンを着けて挿入し、暫くは結合を楽しんだ。

 マンコの中を亀頭で探り、抱きしめて反応を感じ取り、責めどころを探した。クンニで一度逝っているからなのか、亀頭センサーで天井を擦ってGスポ探りの段階で二度目の絶頂を迎えた。

 暫くして、探し当てた弱点を擦り上げると、激しくヨガりだして三度目のイキ乱れ。「課長さん・・凄い・・」一度だけの遊びのつもりが、Y子に気に入られて3年の付き合いになり、俺も焦り出した。

「誰か、お気に入りの男性社員はいないのかね?」と嫁がせ作戦に出ると「Kさんなんか、好青年で素敵ですよね。」「よし、何とかしよう・・」俺は飲みの席でK君に話しかけ、彼女が4年間もいないこと

 社内のいろんな女子社員の話をしてY子が好印象だったことに気を良くした俺は、Kの出張にY子を同行させた。27歳の男と25歳の女が日帰りとは言え、社用車で出張すれば長時間密室に二人きり、その数日後から二人の様子が明らかに変わった。

 俺は、Y子に最後の逢瀬だと言ってホテルに連れ込み、最後の不倫セックスを楽しんだ。3年の不倫セックスで、Y子のオマンコもいい具合に色付いていた。これ以上ヤルと荒淫マンコになってしまう、男をあてがうには、ちょうど元彼二人程度のマンコだった。

 急接近の二人は1年後、K28歳、Y子26歳で結婚した。俺が使い込んだY子を嫁にするKを見ながら?む酒は、安堵の味がした。Kは、俺がY子に精液飲ませたのも、生理中に中出ししたことも知らないだろう。

 ちょっと哀れだと思ったのは、穴兄弟を仲人に選んだ事だ。穴兄弟とは知らないわけだし、夫婦の上司だと呼ばないと言う選択肢は無いわけで・・

↓他のHな体験談を見る



ホームへ