気持ち良いから男のエロを許した体験談 - セクハラ・痴漢・レイプ

気持ち良いから男のエロを許した体験談

 数年前夫の実家がある田舎に移住、休耕田の一部を畑にしてを町の人に貸してます。Aさんは若い(20代前半)のに熱心で毎週土日やってきて色々作っていて、私は農業経験が浅く相談されたりしても近所の方に聞いて答えていました。

 その日もAさんは朝から来てました。私は休憩所にして使ってもらっている古い母屋を掃除していました。ふとした気配にふり返るとAさんがいて「何か?」と聞くと同時ぐらいに押し倒されていました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

「ダメ」「やめて」必死で抵抗しても力の差はどうしようもなく、半裸の状態で激しく愛撫され、アソコがやらしい音をたてはじめてしまい、そのままバックから犯されました。

 10年以上夫とはしてなかった私でしたが、太く固いAさんのそれに忘れていた快感を呼び起こされてされるがままになっていきました。私が抵抗しなくなったからか、Aさんは一度抜いて私と向き合いキスしながら正常位で突いてきました。

 そして、そのまま中に出されました。私はAさんに力いっぱいしがみついていました。ただ気持ちよくて幸せでそれ以外何もありませんでした。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ