産婦人科の淫らで恥ずかしい診察の体験談 - 素人の体験談

産婦人科の淫らで恥ずかしい診察の体験談

 20歳のころ、彼氏もいないし中に出されてもいないのに、産婦人科によくいきました。もちろん、お医者さまに見てもらうためです。診るんじゃなくて・・行く日はかならずパイパンにします。

 1本残らず剃りあげて、つるつるにします。卑猥なビラビラが丸見えで、クリまで飛び出します。ダラダラと粘液が拭いても拭いてもたれてきます。先生に呼ばれて診察室へ。胸を開いてといわれて、上着をとり、ブラウスを脱いだら裸です。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 ブラをつけてこなかったのです。先生から聞かれても、今日は診察だから脱ぎやすいようにしてきましたと言えば、怪しみながらも納得してくれます。

 上半身裸で聴診器をあてられ、はしたない巨乳はぷるぷると震えます。しだいに乳首が完全に勃起してきて、聴診器がかするだけで、ビクッとします。顔を真っ赤にしていると、上着をきて下半身はだかになり、そこのベットに寝るように指示されます。

 足首を固定され、お腹のあたりに小さいカーテンを設置されます。徐々に足が開かれていき、大開脚で固定されます。私は上着の前をあけて、カーテンから見えない先生の表情を想像しながら乳首を触ります。

 カーテンの影で器具がふれあう音がすると、ビラビラがつままれて、クスコを挿入されます。グイッとおまんこをひらかれ、子宮の入り口までのぞかれます。

 私は今、体内まで晒している・・女性にとって一番大事なとこまで見られながら、犯されてる・・クリに指が触るたびに、声が出そうになり、タオルを口にあてて噛みます。

 このまま開かれたまま、先生の手を手首まで入れられて、子宮をわしづかみにされて引きずりだされて・・ビクンッと大きなうねりをしてイッてしまいました。あきらかに先生にバレてるでしょうね・・診察後、妊娠していないという診断結果なんてあまり聞かずに、急いで病院を脱出しました。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ