腹違いの兄と流れでズボズボHをしている告白 - 主婦・人妻の体験談

腹違いの兄と流れでズボズボHをしている告白

 わたしは31歳既婚、そして兄は33歳既婚です。とはいえ両親は再婚で兄とわたしは連れ子です。わたしが高校生で兄が大学のときに関係を持ってしまいました。はじめてあったのはわたしが中〇生で兄は高校生でしたが、一目見たときから惹かれてしまいその思いは兄も同じだったようです。

 兄は背はわたしと同じで170cmですがかなりのイケめんで、わたしの友人にも紹介をしてくれと何人にもせがまれその中で仲良しだったミキちゃんを紹介しました。本当はわたしも兄が好きだったので嫌でしたが、成行き上紹介してしまい2人はつきあうことになりました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 ミキちゃんが家に遊びに来ると、必ずといっていいほどわたしも心配で兄の部屋に行きました。それから2年間、二人はつきあっていたのですがいろいろあり別れた時は内心、大喜びでした。

 数年間、血のつながっていない兄と家で暮しもすると着ているものやなにやらがいい加減になってしまい、ある日にふと兄の視線を気にするようになっていました。ある日、父(兄の実父)の帰宅が深夜になることを知り母も町内会の飲み会。

 必然的に2人だけの夕飯と時間。いきなり兄が「ミエってもてるだろ?きれいだもんな」と言い出したのです。わたしは驚きとうれしさで一杯でした。お風呂上りに兄が大人のマネをしてビール。わたしもちょこっとだけもらいます。

 ソファでテレビを見ながらキスと胸を触られ感じてしまった自分でした。「お兄ちゃんは経験あるの?」に「うん」。わたしは嫉妬で「ミキちゃんなの?」と聞きますが答えてくれませんでした。

 それからはそのままわたしは初体験を済ませてしまったのです。今でも覚えています。兄の匂いやペニスの硬さ、そして兄がわたしの乳首やあそこを舐めてくれたこと。そして兄のペニスが入ってきたとき。

 わたしは怖くてしがみついていただけでしたがその後の性交渉でどんどん感じる女に変身していったのです。それから8年間兄との隠れたセックスは繰り返され、完全にわたしは兄のものになっていました。

 が、兄は28歳のときに上司の紹介で同年齢の女性と結婚。わたしは自殺まで考えましたが、あてつけのつもりでひとつ上の業界の人とわたしも結婚してしまいました。

 兄は両親と同居。義理の姉は大人しく清楚な女性で兄のことなら何でも聞くタイプです。顔は細面で色白、狐顔、背は小さいです。胸も見たところあまり無くわたしと同じくらいですか。わたしの主人も大人しい人でセックスも淡泊。

 背は大きくペニスも大きいので感じますがとにかく回数も時間も兄とは違い少ないのです。もちろん愛しているのは兄だけなのですが。わたしたちは結婚後もラブホテルで不倫をしています。

 そのたびに同じ質問をしてしまうわたし。「リンコさんとはどういうセックス?」「大人しそうで激しいんでしょ?」「わたしとどっちがいい?」兄はわたしを抱きながらいちいち答えてくれます。

「リンコはだんだん凄くなってきてるよ」「なんでも言うことは聞くからね」「そりゃあ、ミエがいいに決まってるさ」なんでも言うことを聞く?いったいどんなセックスをしているのか?だんだん凄いってどんなふうに? 兄もわたしに聞くのです。

「ミエはマモル君のお○んちんたくさん舐めてあげるんだろ?」「うん」「飲んであげるの?」「飲まない、、お兄ちゃんのだけしか飲まない」「今日はどうしてくれるの?」「対面座位」兄の好きな体位です。

 こうしてわたしにキスをしたり胸を舐めたりしながらイクのです。「リンコさんともしてるんでしょ?」わたしは兄の膝に乗りペニスを挿入しながら聞きます。「このあいだやっとしてくれたよ」「馬鹿」わたしは兄を罵倒しながら性交します。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ