かつてセフレの関係だったOLさんの体験談話

 今ではもう乗り換えてしまったが、某県でOLをしてる満智子(30)とはかつてしばらくセフレの関係にあった。誰もが認めるような美人とは言えないが、目鼻立ちのはっきりした長い髪の似合う女だった。

 当時はお互い独身だったから会えるときに会って、ラブホでしょっちゅうやりまくってた。基本的にゴムをつけるのが嫌いな女で、常に生でプレイ。安全日は中出しオーライな女だった。ホテルに入るとまずはお風呂。



身体を洗いっこするのだが、俺がアソコを洗ってやるときは必ず身体を寄せてきて、身をよじらせる。あの熱い吐息は忘れられない。ローションがあると二人で塗りたくって遊んだ。風呂でも欲しくなると我慢できずに股を開く女だった。

 風呂上りにとりあえずビールで乾杯し、見るともなしにチャンネルをAVに合わせながら2~3本ビールを飲んだら早速キスを始める。彼女はすぐに舌を絡めてくる。お互い下着くらいしかつけてない。

 満智子は意識してスケベな下着を着けて来ているし、脚を開くと中央にシミがうっすらと広がっていたりした。身体に舌と指を這わせていくが、弱点である耳や背中を攻められると彼女はホントに弱かった。パンティを脱がしつつ脚や腕も丁寧に愛撫。

 しかし決して秘部には直接触れず、指で縁をなぞるだけにとどめる。女の興奮はだんだんとボルテージを上げてゆく。彼女の右手はすでにオレの股間をまさぐっているので、俺は身体を起こして仁王立ちになる。

 彼女は伏目がちに俺の下着を脱がせ、袋の裏側から雁首、裏筋や果てはアナルまで丁寧に舐めてくれる。アナルへの刺激には俺も声を堪え切れなかった。オレの興奮も高まったところで、満智子の反応と頃合を計っていると「そろそろ来て・・」と、満智子は俺を求める。

 改めて彼女をベッドに横たえ、彼女の脚を割って体を入れる。反り返った肉棒でつついて「これが欲しいか?」彼女はコクンと頷く。「じゃあ、自分で開いてごらん」おずおずと、しかし言われるがままに自分で両足を大きくM字に開き、満智子は女から一匹のメスへと堕ちてゆく。

 鈍い光を湛える女芯はもう白く濁った蜜で溢れていて、これまで焦らし続けてきたおまんこにこのとき初めて俺は直接触れてやる。クリをスッと中指でなでると腰が一瞬浮き上がる。

「あっ・・」その反応と、その後にクプッとあふれ出てくるトロトロの蜜が、男の俺の気持ちを急かす。肉棒をあてがうと腰を浮かして再度求めてくるが、もちろんまだまだすぐには入れてやらない。

「どこに、何が欲しいんだ、言えたらぶち込んでやるよ」「やだぁ・・」不貞腐れて視線をそらすが、肉棒で入り口を擦られ続ける刺激、これから得られるであろう快楽への誘惑に我慢できるはずもなく、「んんっ、もうっ・・あぁ、はっ・・満智子のおまんこに入れてぇ・・ヒデのが欲しいのぉ」俺の肩にすがりつくように熱い喘ぎ声を搾り出す。

「俺の濃いミルクが欲しいのか?」「ヒデの濃いミルク欲しい、ザーメンかけてぇ」「終わったら、舌できれいにするんだぞ」「今日は大丈夫な日だから、中に出して」拗ねたような、甘えるような声で満智子は欲しがる。

「おまんこの中にミルクが欲しいのか」「うんっ、、いっぱいちょうだぁい、満智子に、いっぱ・・んぐっ・・ぅわぁあん・・」彼女がそう言い終わらないうちに、不意に一番奥までぶち込んでやるのが好きだった。

 声にならない声を飲み込み、顎を上げて背中を弓型にそらせ、ようやく侵入してきた肉棒の硬さとその容積とを、言葉にできない悦楽として受け止める満智子の表情を眺めるのが最高だった。

「くぅ、すごい硬い・・」「大きい?」「なんか、いっぱいに、、満たされてるっ、て感じ」その感覚的で独特な言い方がまた、いやらしさを増幅する気がした。はじめは正常位でガンガン突きまくり、次に二人繋がったままバック、騎上位と体位を変える。

 彼女は普段より1オクターブ高い声で快感を訴えるかのようにアンアンと鳴き続ける。声は結構出てしまうらしく、ホテルならいいのだが、彼女のアパートでするときは、隣の離れに住む大家に声が聞かれないかをいつも気にしていた。

 大きめの尻をしているせいもあったのか、満智子はバックでされるのが好きだった。「前まではあんまりしなかったけど、されると気持ちよくなっちゃって・・犯されてる感じが特に・・」肉と肉がパンパンとぶつかり合う音と摩擦の刺激は満智子を確実に興奮させてゆく。

 正常位に戻ってからも、積もり積もった二人の快感は次第に螺旋状に高まることをやめず、そしていよいよフィニッシュを迎える。彼女の肩をがっしり掴み、二人の胸を密着させる。

 女を逃がさないように、覚悟を決めさせるかのように追い込んで行くのが俺は好きだった。男女のピストン運動も限界までスピードを上げ、いよいよカウントダウンが始まる。

「出すぞっ、満智子のおまんこに出すぞ」切なげに眉間に皺を寄せながら、満智子はもはや快感を隠せずにとろけそうな顔をしている。「ギリギリまで待って・・来て・・中にいっぱい来てぇ・・」

 俺の腰の奥のほうで、極限まで収縮した何かが急激な膨張へと転じた刹那、直線的に突き抜けるように、俺の脳髄の中心部を一気に貫く。痺れるようなむず痒さと熱さが、肉棒の先端に宿る。

 熱く煮えたぎった乳白色の迸りが、満智子の開ききった子宮の奥を目掛けてぶちまけられ、隅々まで汚してゆく。呆然の数瞬の後、まだ硬度を保ち続ける肉棒を引き抜いて、満智子の顔に興奮の残滓を搾り出す。

 目元や鼻、唇に滴るミルクに気づいた彼女は、貪るように肉棒に舌を伸ばし、じんわりと這わせながらすべての雫を器用に絡めとる。喉元が動いて俺のすべてが彼女の内側に落ちてゆく。子宮を汚したザーメンが満智子の間から流れ出てくる・・。

 俺からすればただの性欲処理行為に過ぎないし、中出しは多少のリスクを伴うものの、一番の快感をもたらす行為のひとつに過ぎない。女を汚したというあの満足感は何物にも換えがたい。しかし、それでも彼女の表情は嬉しそうだった。

 好きなオスの遺伝子を手に入れたメスの本能がそうさせるのか。俺は満智子の4人目のオトコで、これまでに付き合ったすべてのオトコに中出しをさせたと言っていた。遅めの処女喪失も、最初のオトコとの初デートだったらしいから、まあ脚を開くのは早い女だ。

 男運はあまりよくなく、俺も含むすべての男にやり捨てされた感じがある。ただし元々従順な性格だからだろう、いかにも奉仕するという感じのフェラなどは絶品で、かつて年上の男にかなり風俗プレイを開発された印象を受けた。

 普段はどちらかというと清楚な感じのイメージで見られるというのだが。今もまだ独身だとすれば、そのうち見合いかなんかで結婚することになるのだろうか。しかしそのダンナこそ哀れだ。ケツまで舐めさせられて中出し三昧、大量顔射も何度もキメたし、バックと騎上位を開発してやったのは何を隠そうこのオレ。

 それも2度3度などではなく、数え切れないくらいに身体を重ねた。悔いが残るとすれば、一回でいいから3Pをして、俺の見てる前でほかの男に中出しさせてみたかった。他の男のザーメンがおまんこから出てくるところを自分で開かせて俺に確認させるというプレイをしてみたかった。

 満智子を貸し出したり、レンタルしてみたかったと思う。ある程度の金額だったとしても、年配の男ならきっと満足して貰えたと確信する。俺は満智子のアナルを使っていないから、未来のダンナは満智子のアナルバージンでももらってやればいいんじゃないだろうか。

 その他は俺がすべて汚してしまっているし。今、彼女はどこでどうしているのだろうか。時々出会ったきっかけのサイトを覗いてるがまだ見つからない。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ