若い女医のペニスのつぶつぶ診断で勃起 - 看護師との体験談

若い女医のペニスのつぶつぶ診断で勃起

 社会人になって2年目のある日、我慢できす、病院に行きました。それまで恥ずかしく我慢していたのですが・・。ペニスの先がぶつぶつが出来て、それに痒いのでどうにもならず。小さな医院に。しかしそれが裏目に出たのか、
結構若い女性の医師でした。

「どうされましたか?」と聞いてくるので、抽象的なことも云えず,「ペニスの先が・・」と言うと「じゃあ見せて下さい」と。そばには40代前半の看護師もいます。ベットに寝かされ、あおむけになってズボンのベルトをはずし、

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 もじもじしていると看護師が「下ろしますよ」と言ってズボンとトランクスを膝あたりまでおろしてしまい、私のペニスが露出されていまいました。この歳になるまで、記憶のある限り、人に見せたことなど、まして2人の女性の前で仰向けになって・・とは、ペニスをつままれ、皮を剥かれました。

 しばらく来たあと、薬を塗りますので、隣の処置室に行ってください」と。今度は看護師さんが同じ格好にされ、皮をむいて握っていると不覚にも勃起してしまい、その上お汁まで出て来ました。

 みるみる勃起した私のペニスは握っている看護師さんの手の中でぴくぴくしているはずです。「すみません、おおきくなってしまって・・」と消え入るような声で言ったと思います。「気にしないで下さい。若い男性だと当たり
前のことですから・・」と言ってくれました。

 しかしなんだか射精しそうな感じになり「看護師さん、あの・・出そうなんですけど・・」と言うと「あら・・それは大変・・ちょっと待ってね。」と一旦握ってるペニスから手を離し、いそいでガーゼを持って来て、私の耳元で

「いいわよ。もう我慢しないで出して・・いっぱいお汁も出ているわ」と言いながら、再度私のペニスを握り、上下に動かしてくれました。えっ・・射精の手伝いをしてくれるのかと、看護師さんを見ると、片目をつむり「どう、でそう?」と耳元で言いました。

「もう、もう、少し・・」と言うと、心なしか握っていたペニスをしごく手が早くなったように感じました。と思うとどくどくと出て来ました。看護師さんは少し握ったペニスに力を入れてくれました。

 やっと放出が終わると「すごい。いっぱい出ましたよ。」とガーゼを見て言いました。私は「すごく気持ちよかったから。一人するのと大違い・・」と言うと看護師さんは私のタマタマを撫ぜて「若い男性ってすごいのね」と。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ