妬みから性的暴力を数人の男子にされました - 女子校生・女子大生

妬みから性的暴力を数人の男子にされました

 私は高校のとき、衛生看護科に通っていました。当時の私の成績は優秀で実習で行った病院の師長に気に入られて、早々に内定をもらっていました。そのことをよく思っていない人もいました。

 クラスの中でも私は浮いた存在でした。そんなある日、私の運命を変える出来事がありました。自習の時間、数人の生徒に囲まれ「里菜、話があるの」と言われ私を強引に立たせました。その直後、みんなはいっせいに机を幾つか残し、私は数人に押さえつけられました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

「里菜。調子にのるなよ」と言われ制服を脱がされました。叫んだところで教室は本校舎から離れたところにあるので無駄な努力でした。あっという間に下着姿にされました。「看護師になるなら、患者の気持ちも少しはわからないとだめよね」

 ブラジャーをはずされ、パンティも脱がされました。それから私は後ろ手に縛られました。その間、他の生徒は机を三つ壁にくっつけて並べ、一人はその上にのって天井の出っ張りにロープをくくりつけていました。

 私は身体をかつがれ、机の上に乗せられ両足首をもちあげて開かせれロープに結ばれました。そのとき気がついたんだけどその様子をビデオに撮っている人もいました。「何をするつもり」「調子にのっているから、お仕置」とSさんは言いながら私の恥毛を楽しそうに触ってきます。

「ここ、剃ったことある」「えっ」「剃毛の練習させてもらうね」数分後、私の下半身は赤ちゃんのようにツルツルになりました。といってもワレメの部分だけです。「本当は全部、剃ってもいいんだけどこのほうが面白いから。全員の就職が内定するまでは交代で剃ってあげるね」返す言葉がみつかりませんでした。

 身体にマジックで就職内定記念と私の名前に日付を書かれ写真に撮られました。「優等生なら、逆らったら、この写真がどうなるかわかるよね」ビデオに向かって服従することを私は誓いました。

 そのあと、ロープをはずしてもらい、制服を着ることが出来たけど「パンティは必要ないよね。今度、オムツをしてあげるよ」とSさんに取り上げられてしまいました。「今日から、里菜のトイレはこれね。オ〇ッコしたくなったら私にいいな」尿瓶でした。

 次の休み時間、Sさんにトイレに行きたいと言うと、スカートを脱がされてみんなに見られながら私は尿瓶にしました。翌日、交代でワレメの周辺だけ剃毛をされる日々が始まりました。剃った後に必ず鏡を見せてくれるのですが、縦の短いラインだけが妙に恥ずかしくてたまりませんでした。

 数ヵ月後、全員の内定が決まりました。私の恥ずかしい日々が終わりを向かえる日がやっときました。考えが甘かった。記念にとSさんに言われ残りの恥毛を全部剃られました。卒業式はオムツをつけて出席する羽目になりました。

 卒業後、週に一度、同級生の誰かに呼び出され今でも剃毛の練習台にさせられています。おかげで私のアソコは今でも赤ちゃんそのもの。現在、Sさんと同じ職場で働いています。彼女の命令で私は今でもノーパンで仕事をしています。

 トイレは自由に使えるようになったけど、気が気ではありません。この前、わざと下半身に水をかけられました。着替えるときに気がついたんです。縦の短いラインがうっすら見えるんです。

 今日から生理ですが最悪、生理用品は使えず透明テープをラインに合わせて張るだけ。Sさんの命令は絶対なんです。それを聞く私ってマゾなのかな。今日は夜勤、生活のリズムがおかしくなる仕事だけど、私の好きな仕事。頑張るか、その前に少し寝ておこう。今日も暑くなりそうだからスッポンポンでね。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ