仕事で行った愛知のピンサロ店の体験談 - 風俗系の体験談

仕事で行った愛知のピンサロ店の体験談

 先週、愛知に仕事で行きましてその時に使ったピンサロの話をします。栄?伏見?土地勘がないのでどちらか解りませんが、地下鉄の駅の中間あたりの人妻系キャンパブと言うことでした。

 愛知ではピンサロをキャンパブと言うらしいです。お店の名前は伏せますが、理由があるのでご勘弁を・・看板に誘われる形で入場すると、ボーイフレンドからパネル見学は無料とのこと、今案内できる6人の嬢を見ると好みの嬢を発見。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 源氏名は未来さんだったかな、顔は米倉涼子さんの目を軟らかくした感じ、基本のコース、入場料パネル使命無料で総額14000円を渡ししばし待つ、時間的に5分ほど、ボーイに案内され通路奥のカーテンを越えるとベビードール姿の未来さんのお出迎え

 パネルと比べるとややふっくらしてるがむしろそれがエロい。ブースは三畳ほどの広さ、壁は高く周りは気にならない。マットに座ると隣に座る未来さん。ボディータッチを交えつつよくある簡単な会話を済ませると、未来さんの手は私の股間へ

「脱いで♪」と色気のあるささやき声を耳打ちされ、一気に下をキャストオフ。ムスコをウェットティッシュで拭き取り、消毒と洗浄を兼ねた泡洗剤で包む。未来さんの繊細なタッチにムスコはギンギンに・・

「凄い堅いですねー、今まで一番かも、鉄の棒みたい」楽しそうにムスコを洗い扱き出す未来さんの脚を撫でると、ムチムチながらも無駄のない肉付き。泡を濡れタオルで丁寧に拭き取ると、未来さんはいきなりくわえ出す。

 焦らしもなく味わうように一気にくわえ、舌を絡ませる。ほどなくジュルジュルと唾液を絡ませる音、頭を前後に降りながら最初から全開。あまりの気持ちよさにまさかの2分ほどでイカされました。

「凄い一杯出たね、それに濃いょ」楽しそうに精子を舌の上で転がすとティッシュの中へ・・「時間はまだ余裕あるし、横になって」言われるまま横になると、未来さんはベビードールを脱いでオッパイでムスコを挟む。

 ピンサロでまさかのパイズリにムスコは再びギンギンに、未来さんは挟んだムスコに唾液を垂らし動き出す。「あっという間に堅くなった、ねぇ我慢出来る?」未来さんの問いかけに私は逝って間もないために我慢出来ないと答えた。

「この店、カメラないから秘密ね」私はなんのことか理解するまで時間が掛かりました、未来さんがポーチから取り出したのはゴム。え?と現実に引き戻された私は未来さんを制止、すると未来さんは別のものを取り出す。

 取り出したのはスマホ、電源を入れると連絡先を出す未来さん。「これ、私のプライベートの連絡先。お兄さん逞しくて好みだからHしたい。連絡して、名前は優子って言うの。病気が怖いなら検査するし仕事辞めても良いから」まさかの逆ナンでした。

 そして今日、検査をしに病院へ行ったそうです。仕事も昨日で辞めたと言っており、サイトに名前がありませんでした。どうなるかは解りませんが、何かあればまた書きます。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ