不倫相手にパイパンされた事は不覚でした - 不倫の体験談

不倫相手にパイパンされた事は不覚でした

 私は42歳の主婦ですが、現在主人よりも年上の50歳の彼と不倫しています。先週の金曜の昼間に彼と会い、遊びでSMルームに行きました。目隠しして縛られたり、手足を壁やベットに拘束されたりして一時的な興奮を楽しんでいました。

 すると壁に手足を縛られているとき、彼がたまたま私のバックに入れていた脱毛ムースに気づき、陰毛にたっぷりつけられました。そしてしばらくその状態で放置され、やっと解放されたので直ぐに洗い落としましたが、綺麗にツルツルのパイパンになってしまいました。



 私は怒って彼にも同じことをしました。彼は抵抗はしませんでした。主人とはどうせ全然ないから、まあいいかって感じでした。しかし、大変なミスをしてしまいました。昨夜の深夜、私が寝ていると主人が何年ぶりかで求めて来ました。

 私は寝ぼけていたのでパイパンになっていることをすっかり忘れていると主人が気づき「お前、何でパイパンなんだ!浮気してるのか!」と言われました。私はヤバいと思った焦りと、寝ぼけていたせいでとっさに

「先週、あなたがしたんでしょう!あなただってツルツルじゃない!」って、言ってしまいました。私は言って直ぐにハッ!っとしましたがもう既に遅く、主人は目を真ん丸にして「お前…誰と間違えてるんだ…。浮気してますって事、言ってるんだぞ!」

 って…。最悪でした…。それから主人と話し合いになり、今晩も…です。彼にも連絡しましたが、謝ってばかりです。今晩が…辛いです。


↓他のHな体験談を見る



ホームへ