ヘルニア手術の看護師さんの対応は神 - 看護師との体験談

ヘルニア手術の看護師さんの対応は神

 40歳既婚者です。一月前に鼠径ヘルニアの手術をしました。そのときの体験です。前日入院をしまして、看護師さんに処置室に呼ばれ○○さん下着を取って、横になってね、と優しく言われた。短小で仮性包茎の包皮を優しく剥き亀頭を持って、小さなバリカンで剃り始めた。

 段々と勃起し「すみませんね」と言うと気にしないでください。この方がしやすいのでと言われ淡々と進んだ。少し、鈴口が濡れていた。翌日下半身麻酔で手術が終わり夕方、少し麻酔が解け始めた頃「○○さんおしっこはどうですかと言われた」

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 膀胱は張っているようだが、したい感じはしないと言うと、見てみましょうと言って下腹部を触って、大分溜まっているようですねと言って、尿瓶を取り出し仮性包茎を剥いて尿瓶にあてたまま5分位じっと見つめて待っていた。

 28歳位の女性に見つめられていると、出るものも出なくなり、看護師さん駄目みたいですねと言うと、それでは導尿しましょうと言って出て行った。尿瓶で勃起し始めたのに導尿されたら、どうなるだろうと心配少し期待が少し待っていると。

 二十歳過ぎの看護師さんを連れてきた。経験させるためだと思うが、若い看護師さんが処置し始めた。まずいなと思っているとムクムクと感じてきた。包皮を剥いて亀頭を消毒し鈴口に何か塗ったように気がした、ゴム管のような物を取り出し、鈴口から入れられた。

 時々痛かったが、その度に亀頭をもって動かしたので膀胱まで到達した。下腹部が楽になったので、終わったのと聞くと、まだ出てますと年上の看護師さんが言い、少し管を引くと勢いが良くなった。

 管を抜くとき少し痛かった最後に亀頭を拭いて包皮を戻し、○○さんゆっくり寝てくださいと言って出て行った。心配したほど勃起はしなかった。夜中にもう一度若い看護師さんがきて、導尿をしてくれた。

 その時は麻酔も完全に切れていたので、勃起してしまいかなり興奮した。今でも、あの看護師さんの指の感触が思い出される。看護師さんありがとうございました。感謝、感謝。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ