彼女はエロを「やりたい盛り」で大変 - 知り合いとの体験談

彼女はエロを「やりたい盛り」で大変

 自分(35=妻子有)は、会社ではいろいろな権限のある立場にいるのだが、今年春に入ってきた新卒(短大卒)のコ(22)を出張に連れて行った。いろいろな経験をさせて社員育成をするという目的で。

(このコは○HKのアナウンサー、神田○花にスタイル顔とも似ているので、仮に“神田”とします。)出張先での仕事も無事に終わり、次の日は祝日だったので、ゆっくり帰ることにしていたため、宿泊先のホテルにチェクイン。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 もちろん、会社の出張だから、別々の部屋を取っている。「一緒に食事でもしよう」と言い、それぞれの部屋に入った。約束の時間にロビーで待ち合わせ、近くの焼肉店で食事。次の日が休みということもあり、二人ともビールなどを飲んだ。

 食事が終わり店の外に出たのだが、なんとなく飲み足りない。もう少し飲もうと思うが付き合わないかと言うと「私ももう少し飲みたいです。」と言うのでそのまま、近くのバーに入った。

 カウンター席に座り、仕事への思いや、今の体制についての若者の意見などを聞きながらしばらくをすごした。一時間位を過ごしたところで、その店も出た。21時を過ぎていたと思う。店を出てホテルに向かいながら、また、バーでの話の続きをしながら歩いているうちに、ホテルに到着。

 エレベーターに乗り、何気なく「テレビでも見ながら、ゆっくり飲むかな~。」というと、神田はまたも「わたしも一緒にいいですか。」と言った。私は「じゃあ後で来なさい。」と言って、神田と別れた。部屋に帰り、缶ビールを開けてテレビを眺めていると、神田が来た。部屋へ迎え入れ、椅子に座らせ、神田にも缶ビールを渡した。

 しばらく二人でテレビを見ていたが、テレビに出ていたお笑い芸人の話から場が和み、神田は自らプライベートな話をするようになった。時間が経つのも忘れ話をしていたのだが、気がつくと日付も変わろうとしている。

 私は「シャワーでも浴びるから勝手に部屋に帰ってもいいよ。」といってシャワールームへ入った。シャワーが終わって出てみると、神田はテーブルに伏せて眠っていた。

 私は「神田さん、部屋に帰って休みなさい。」と肩を叩いて起こすが、ぐっすりと眠っている。どうしようもなく、しばらく眺めることにした。まだあどけなさを感じる顔、すらりと細い足、そしてお世辞にも豊かとはいえない胸・・。

 私は、このままではいけないと思い「神田さん、部屋に帰って寝たほうがいいよ。」と肩を揺さぶってみた。こんどは目を覚まし眠たそうな目をしながらこっちを見て「あの、酔ったみたいです。今日はここで眠ってもいいですか。」

 と言って立ち上がりベッドに腰掛けると同時にベッドに崩れた。仕方がないので、そのままにしておくと、スカートの隙間から奥が見えそうである。彼女が眠っているのを確認し、そっと覗き込むとうっすらと白っぽい(水色か?)下着が見えている。

 こういう状況は緊張するが興奮もする。こうなると、上のほうもチラリと見たい。私は、彼女の頭側にまわり込み、肩を揺さぶってみる。まったく起きない。それどころか、仰向けになり、かえって好都合。そっと、胸元のシャツをつまみのぞきこむと、真っ白な(いや薄い水色だ)小さなブラが見える。さすがにこれ以上はまずいので、彼女をベッドにいれ、私は椅子に座って眠ることにした。

 熟睡していると、肩を叩かれることに気付いた。目を開けると彼女が立っている。まだ酔っているらしい。「あの、私、すみません、眠っちゃったみたいで。」といって頭を下げるがふらふらしていてバランスを崩しそうになる。

「気にしなくていいよ。部屋に帰って休みなさい。明日は、電話してあげるから、ゆっくり眠ればいい。」と彼女に言うと、彼女は「抱いてください・・」と言って下を向いた。

 私は“?”と同時に(^^)v まさかまずいだろうと思った。しかし彼女は、私の両腕にしがみつくように抱きついた。少しこの状況を逃れるために、いくらかのやり取りをしたが、もう頂くしかないと私は心をきめ、彼女に優しくキスをした。

 そして「シャワーを浴びてから、もしそれでも良かったら、ベッドに来なさい。そのまま部屋に帰っても誰にも言わないから。」といい、シャワールームへ促した。私は部屋の照明を落とし「まずい、まずい、ラッキーなのか?」と自問自答しながらシャワールームの音を聞いていた。

 シャワーの音が止まり、ドアが開いた。彼女はバスタオルを身体に巻いている。ゆっくりと私に近づき、ベッドに入った。私は「本当にいいのかい?」と聞くと「はい。」と小さくうなずきながら返事をした。

 彼女を左側に寝せ、私は、右手で彼女の左肩に手をやりながら、やさしくキスをそして徐々に舌を絡ませあった。右手は徐々に彼女の小さな胸に・・バスタオル越しにも小さい。ゆっくりと乳房の形に添わせながら手を這わせ、ゆっくりゆっくりと愛撫した。

 徐々にバスタオルを外し、彼女の小ぶりな胸を右手で覆った。揉み上げながら、時々乳首を指と指の間で挟み、繰り返し繰り返し、彼女の小さな乳房を揉みほぐした。

 薄いピンク色と肌色の中間色の小さな乳輪、硬く尖った乳首。私は乳輪をなぞるように舌を這わせ、乳首を吸い、軽く噛んだ。彼女は舌を這わせた途端に「ハァ、ハァ」といっていたのが「アァァ、ハァァ」と溜息に代わる。彼女の乳房を楽しんだ後は、下だ。ゆっくりと右手を這わすと、やはり下の下着も着けていない。若草のように柔らかい毛にたどり着いた。

 その途端に彼女の呼吸は荒くなった。彼女はこれからの快楽に期待をしているのか? 腿、内腿、お尻と撫で回し彼女の呼吸が変わるのを楽しみ、いよいよ、あそこへゆっくりと指先を這わせた。まだ、クリも中も何もしていないのに、あそこはもうヌルヌルの液があふれている。這わせた指先に、生暖かいヌメリを感じた。

 彼女のあそこをゆっくりと指先で形を確かめるように撫で回し、クリを中指で刺激した。クリに指先が当たると彼女は背中をそらせ「ああぁ・・」と溜息とも声とも言えない反応をする。

 クリをコリコリと指先で転がしながら、彼女の顔を見ると、眉間にしわを寄せ、目を瞑り、口元を軽く開け、快楽に身をゆだねている。軽く彼女の薄い唇にキスをすると彼女はネットリとしたディープキスをしてきた。

 私は彼女のディープキスのお返しに、中指を彼女の下の口へ。中はヌメヌメと愛液が溢れ、適度なザラザラ地帯がある。指を出したり入れたりしながら、彼女の中を探検する。ツルルではない。

 期待できそうだ。早く入れたいと思い、彼女の手を私のものに促すと、彼女はやさしく、手を上下させたり、玉を転がしたり、根元を撫でたりしてくれる。

 私は、彼女に無言でフェラを要求した。彼女は躊躇なくすっぽりと咥え、ゆっくりと動き出した。しかし、やはり若いからだろうか、あまり上手くない。私はフェラをさせながら、彼女の手をとり、彼女の指を私のものにみたてて、舌の這わせ方や吸い方を指導した。そして、玉や根元まで舐めさせた。

 そして彼女のフェラが上手くなってきたところで、彼女を仰向けに寝かせ、私は彼女のあそこに私のものをあてがい、一気に突き刺した。彼女は「ああぁぁん。」と痛いとも気持ちいいとも言えない声をだした。その後はゆっくりと腰を動かし、彼女の反応を見た。彼女は「はぁ、はぁ、い、い、いぃ。」と小さく反応している。あそこの奥から液が溢れるのがわかる。

 相当気持ちいいらしく、あそこは外までヌルヌルになり、ストロークと言うより、抜き刺しできる状態になった。私は彼女の(アソコが)期待(する)通りに、思い切り抜いたり、刺したりしてやった。奥まで何度も何度も差し込んだ。

 彼女は「すごぃ、あぁ、すごぃ、イィ!!」と何度も言いながら、最後には「ああぁっだめぇ。」と果てた。私は、彼女を恋人のように抱きしめ、優しくゆっくりと、彼女の内壁を沿わすように出し入れした。

 さっきイッたばかりなのに彼女はなおも感じ、腰を自ら動かし、アソコはジワジワと締め付けてくる。すごい、最高の女だ。あまりにも気持ちよく、その後はあっけなく、最後は彼女のおなかの上に出した。そして、朝まで抱き合いながら眠りました。

 次の日の朝、二人は同時に(彼女のほうが早かったか?)目を覚まし、キスをして、昨晩とは違い、やさしくいたわるようにSEXしました。今、彼女は私のかわいい、愛人です。毎週一度は彼女の家で何発かやっています。

 ただ彼女がまだ “やりたい盛り”なので大変です。フェラが見違えるほど上手くなったことは、大収穫ですが・・。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ