男なら気になる妻は何人の男と寝たのか - 社会人の体験談

男なら気になる妻は何人の男と寝たのか

 愛しい嫁とセックスした男が何人かいるのは、正直言って辛いものだ。嫁と出会ったのは12年前、俺が社会人3年目の25歳、嫁は短大出たばかりの20歳だった。「宮崎あおい」に似た清純そうな嫁をやっと口説いて、その幼さの残る身体を抱いたが、何の抵抗も無くスルリと俺のチンポを呑み込んだ。

「ハア~~」清純娘の口から洩れた吐息は、甘く切なかった。清純な見た目だが、嫁は男を知っていた。俺27歳、嫁22歳で結婚した。清純そうな童顔娘との結婚に、ロリコン呼ばわりまでされたが、その可愛い嫁には処女膜はなかった。



 俺が出会った20歳より、もっと若かった嫁とセックスした男に負い目を感じてしまう。20歳でチンポの味を知っていた嫁は、俺の前彼が初体験お相手だったのだろうか?非処女であるから男を知っているのは確実だが、それが何人かまではわからない。

 もしかしたら何人かいるかもしれない。俺は、何人いるかわからない20歳清純派の見た目で非処女だった嫁と男達とのセックスを思い浮かべては、胸が張り裂けそうになってしまう。

 特に、嫁の処女膜を破ったチンポの持ち主には心底嫉妬するのだ。もしかしたら、嫁は女子高生だったかもしれない。俺が出会う前の幼い嫁が、まだ男を知らない嫁が、初めて身体を許す程に愛した男に最も嫉妬する。

 その男は、清純な生娘の処女喪失の一部始終を一生忘れないだろう。清純派の可愛い嫁の初々しい身体を、マンコを、一生忘れないだろう。その男のチンポは、嫁の処女膜を貫いた感覚を一生忘れないだろう。

 大切な嫁が、可愛い嫁が、愛しい嫁が、俺と出会うよりもっと若かった嫁は、もっと激しく、もっと淫らに、その男達とセックスしたのではないだろうか。嫁を愛せば愛するほど、悔しさで胸が張り裂けそうだ・・


↓他のHな体験談を見る



ホームへ