未亡人はエロに飢えているんですね - 出会い系の体験談

未亡人はエロに飢えているんですね

 30才の夏の熱い週末の夜、帰宅しようと駅に向かって歩いていた時、前を一人でゆっくり歩いている40半ばぐらいの奥さん風の人がいたので、横を通り過ぎる時ふっと見ると、にこっとしたので声をかけました。

 仕事帰りという事でしたが、どこか寂しそうで話にも乗ってきたので思い切って誘ったらホテルOKという事になり、近くの感じいいところに入りました。聞けば、未亡人で大学生の女の子がいて、今は一人で住んでいるとの事でした。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 歳は45、160センチぐらいで髪をポニーテールにし、きりっとした雰囲気なんですがちょっと沈んだ感じです。さっそく裸になって二人で風呂に入りました。「きれいですね」と体を触ると「うそ言っちゃいけません!こんなところじゃ入らないわよ、早く出てらっしゃい」となり先に出て行きました。

 ベッドに行ったんですがそこからがらっと変わり、始め私が上になって抱き合ってキスしていると、横を指し「ここに寝て」と言われ、フェラをしてくれました。それがすごい楽しそうで、指で触って確かめ、目で見て確認し、くわえて味わいというあんばいでスケベ丸出しです。

「口の中に出してもいいのよ」と言われましたが、そうこうしているうちにまたがってきました。騎乗位でちょっとやっていましたが「上になる?」と言われ、体勢を変えると、右手でさっと掴み自分で穴の位置にあてがってくれました。

「我慢できない時なんか自分でやっちゃう」などと言うのを聞きながら腰を振っていましたが、両手でお尻を抱えて引き付けると腹から出すような低い声で「あーっ、あーっ」と恥も外聞もない声を出し

「中に出していい?」「いいわ。できない体なの」奥に思いっきり出しました。二人呼吸が落ち着くまで抱き合っていると「セックスいっぱい教えてあげるわね」「二回ぐらいできるでしょ」となり、二回戦となりました。

 おしりを高々と突き出し顔は枕を抱き嬉しそうに、目をつむってバックの催促でした。終わって「今日は良く眠れそう、今度食事行かない?友達も連れてくるから」と言われホテルをでて握手を求められて次回となり、そこから私の熟女遍歴が始まりました。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ