田舎の甥は童貞で女を教えてあげました - 知り合いとの体験談

田舎の甥は童貞で女を教えてあげました

 38歳の専業主婦由紀子です。主人の田舎の甥の次郎が予備校に通う為家で面倒見る事になり来ています。朝8時から3時くらいまで予備校に行ってます。でも来て1週間ほどで、夜洗濯機に入れておいた私の下着が無くなっていて朝また戻っているのに気が付きました。

 3回そういう事があったので、甥が予備校から帰ってきたある日問い詰めました。「次郎君、叔母さんの下着いたずらしてない」次郎は「ごめんなさい、もうしません。家の人には黙っていて下さい」と土下座して謝るのです。



 昔から顔はイケメンなのに、気が弱くて頼りないのは知っていました。「いいわよ、そう言うなら誰にも言わないから、叔母さんの下着で何をしていたのか話してごらん」「ええ、でも」もじもじしていましたが「ごめんなさい、叔母さんがとっても綺麗な人なので、下着を借りて、自分でしてました。」小さな声で白状しました。
 
「私の洗って無い下着でどうしたの。匂いを嗅いだの!それとも押し付けたの」「あの、あの自分で穿いてみました。それから・・」「あきれた変態坊やね。穿いてからどうしたの」身長175センチで細身のイケメンの甥をいじめて見たくなりました。

「あの、あの穿いたまま自分で擦って出しました」なんと私の下着を穿いたままオナニーしてた様です。こっちへいらっしゃい。夫婦の部屋に連れて行きました。「次郎君、黙ってて上げるからここで同じ事してごらん。

 完全にいじめモードになっていました。「ええ、でも、いいんですか」蚊の泣く様な声で言います。私は昨日穿いていたパンテイを次郎に渡して「これで早くしてごらん」「はい」やっとあきらめて、後ろを向いてズボンを脱いでブリーフも脱いで、私のパンテイを穿くんです。

 次郎の綺麗な裸のお尻が目の前にあります。「前を向いて」「はい」当たり前ですけど、私の小さなパンテイが男の子に穿けるわけがありません。途中まで穿いて後は手で前を隠しています。「手をどけて変態さん」下を向いて「はい」

 次郎は手をどけると、私のパンテイを途中まで穿いて縮こまったチンチンが何か可愛いく見えました。でも半分皮を被っていますが結構大きいのです。私は笑いながら「やっぱりあんたは変態ね。そうやったオナニーしたの」

「はい」「でも小さいままじゃ出来ないわね」「もう許して下さい」「いいわよ、でも大きくなった所見てみたいわ」「ええ、でも」次郎はうなだれているので、「こうすると大きくなるの」と言って次郎のオチンポを握りました。

「ああ叔母さん」「叔母さんじゃないでしょ。由紀子さんと言いなさい。私が好きなんでしょ。」「はい、由紀子さん」次郎のオチンポを握って擦ってあげました。するとさすがに若いです。10秒もしないうち勃起してきました。

「由紀子さん、ごめんなさい。あの、あの」「どうしたの、大きくして、気持ちいいの」「はい、気持ちいいです」「どこが気もいいか行ってごらん」「はい、チンポが気持ちいいです」すると、次郎のオチンポがフル勃起してしまいました。

 主人のよりずっと大きい。私の手の中で勃起したオチンポの先が半分位はみ出して、亀頭がズル剥けになっていました。「次郎君、勃起して嫌らしいオチンポ。でも大きいね。それにとっても固い」私は夢中で握ってしごいていました。

「ああ由紀子さん、出ちゃいます。ごめんなさい」そういうと次郎は、思い切り射精しました。その出る量ったら凄いんです。やっぱり若いから、青臭い精液の匂いが部屋中充満して、私の手の中でドクンドクン何回も発射してます。

 ようやく出し終わってチンポの先から精液が垂れています。でも私の手の中で固くなったままなんです。「次郎君、いっぱい出たね。でもまだ起ったままだよ」「はい、ごめんなさい。由紀子さんの手が気持ち良くって」

「女の人にされるの初めてなの」「はい、初めてです」もう可愛くって、濡れテッシュでキンタマと竿を拭いて、剥けている亀頭もゆっくりきれいに拭いてあげて、そのまま先っぽにキスしてあげました。そしたら次郎のオチンポ、ビクンビクンとまた暴れるんです。若いって凄い。私のオマンコが濡れてきました。

次郎の服を全部脱がせました。細身の白い全裸の体がまぶしい。でもチンポは勃起してます。私はそれを握りながら次郎と唇を合わせました。舌を入れると次郎も舌を搦めてきます。キスだけは経験がある様です。唇を離した後私も服を脱いで裸になりました。

 もう一度次郎を抱きしめてキスしました。次郎が抱き付いてきて、勃起したオチンポが私にお腹に当たるのです。「次郎君、女の人の体を見せてあげるわ」と言ってベッドの上で次郎に股をひらいてオマンコを見せました。

「次郎君、これが女の人のオマンコよ」何か自分で4文字を言ってしまって興奮してました。「ここ触って」と自分でオマンコを開いて見せました。「次郎君のオチンポ弄ったから濡れてきちゃった。ねえ、舐めて」クリトリスを教えて、中に指を入れさせて、次郎のお口にオマンコを押し付けました。

「気持ちいいい、次郎君、舐めるの上手よ」次郎の口の周りが、マン汁でグチョグチョになってます。私は次郎に逆に跨ると、次郎の顔にオマンコを押し付けて「舐めて、私は次郎のチンポ舐めてあげるから」そういいながら嫌らしい言葉を言って自分でも興奮しました。反り返ってる固いチンポをお口に含みました。

 次郎も夢中でオマンコ舐めてくれます。私ももう我慢できなくなってきたので、次郎のチンポにコンドームを嵌めて、騎乗位で次郎の固いチンポをオマンコに頂きました。主人とはしばらくやっていないので久しぶりのSEXです。

 次郎も2回目なのですぐにはいかず、私が逝く時一緒に逝ってくれました。次郎から降りてチンポからコンドームを外して、お口できれいにしてあげました。


↓他のHな体験談を見る



ホームへ