ヒマと性欲を持て余していた人妻 - 出会い系の体験談

ヒマと性欲を持て余していた人妻

 プロフィールに「お友達募集」なんて書いてあったから少しメールで話すと、すぐに下ネタになった。ヒトミは人妻で、30代後半の熟れきった体をもてあましていた。夫は仕事で忙しく、子供もいないため、ヒマと性欲だけがありあまっているらしい。

 ちょっとぽっちゃり気味のヒトミの体は抱き心地がよく、色白でしっとりとしたもち肌は何度抱いても飽きなかった。ヒトミの方も、俺がセックスしようとすると、何度でも付き合うくらい貪欲だったので、会う度にお互いにへとへとになるくらいヤりまくった。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 俺とのセックスが適度な運動になっているのか、若い男とヤってるというのがホルモンだかフェロモンだかに影響したのか、ヒトミはだんだんと痩せて色っぽくなってきた。待ち合わせ場所からラブホテルに行くまでの短い距離がものすごく長く感じる。

 人気のない真昼間の公園を通っていると、ヒトミがつまづいてこけた。「あーん。ストッキングが伝線しちゃった。」おじぎをするように体を折り曲げて、足首のストッキングの伝線状況を確かめているヒトミの姿をみていると、がまんできないほどむらむらしてしまった。

 ヒトミの手をつかんで、引きずるように木陰の方へ連れ込む。「えっ!?どうしたの?」戸惑っているヒトミの唇をキスでふさいで、ヒトミの体を抱きしめ、右手でタイトスカートをたくし上げる。

「待って、ここでするの?」ヒトミがあわてて、俺から体をはなそうとする。「もう待ちきれないんだよ。ちょっとだけだから。」欲望にぎらついた俺の目をみると、ヒトミは抵抗しなくなった。

 木に両手をつかせて、後ろからタイトスカートをまくりあげて、ストッキングをおしりの部分からおまんこの上まで破く。ちょっと強姦ぽくて、ますます興奮した。ストッキングの破けたところから、パンティをつかんで、ぐっと寄せ、ちんぽをねじこむ。

 いつ人が来るかわからない野外露出でのセックスは、やけに俺達を興奮させた。俺がせわしなくピストン運動するたびに、結合部からはいやらしい雫がしたたり落ちる。「も・ダメ・イきそう。」木にすがりついたヒトミが震えながら絶頂を迎えると、俺のちんぽからも精液が飛び出した。

 ヒトミのおまんこに中出しするのははじめてではないが、まるで搾り取るようにおまんこが何度も収縮して、いつも以上に射精が長く続く。射精が終わった後は、しゃがみこみたくなるほどの脱力感がおそった。

 まだ硬いままのちんぽをおまんこから抜くと、中出しした精液がどろりとおまんこからたれて、太ももに伝っていく。黒いストッキングに白い精液がたれているのが、いやらしいコントラストだった。

 ヒトミはバックからティッシュを取り出して、おまんこからあふれる精液を拭うと、俺のちんぽもキレイにしてくれた。わずか10分足らずのセックスだったのに、野外露出で興奮したせいか、やけに充実していた。

 ヒトミの体が熟れていればこそ、前戯なしでも、俺のちんぽをするりと受け入れたのだろうけど、いつも以上の具合のよさだった。野外露出セックスの気持ちよさに目覚めた俺たちは、それからもマンションの屋上や観覧車の中などでセックスした。

 でも、やっぱり一番興奮するのは、公園などの木が側にあるところでの野外露出セックスだった。時間に余裕のあるときは、レンタカーを借りて、ちょっと山奥に足を伸ばす。少し森の中に入れば、かなり自由に野外露出セックスを楽しめる。

 全裸になったヒトミは、ハイヒールだけをはいた状態で、車に両手をついている。後ろからちんぽを挿入して、激しく腰を打ち付ければ、ぐちゅぐちゅという結合部からの音がどんどん大きくなっていく。

 ヒトミのあえぎ声も悲鳴じみたものになってきて、まるで動物の鳴き声のようだ。ヒトミがイきそうになったところで、俺はヒトミのおまんこからちんぽを抜いた。はあはあと荒い息を吐きながら、不満そうな表情でヒトミが俺を振り返る。

 抱きついてきたヒトミの片足を持ち上げて、もう一度、ヒトミのおまんこの中にちんぽを挿入する。ああ、もうすぐイきそうだと思ったとき、作業着を着たおっさんが木の陰から現れた。呆然とした表情で、俺達のセックスをみつめている。

 ヤバと思った瞬間、ヒトミのおまんこがぎゅっとしまり、俺のちんぽから精液が射精された。射精の余韻に浸る間もなく、おまんこから中出しした精液をたれながしているヒトミをあわてて車に乗せ、ちんぽも出しっぱなしで車を走らせた。

 心臓がばくばくいっている。興奮のせいか、出しっぱなしのちんぽがまた勃起しはじめた。ヒトミが運転席に体を乗り出して、フェラチオしてくる。フェラチオの気持ちよさで運転に集中できなくなってきたので、道の脇に駐車した。

 すぐにヒトミが俺のひざの上にまたがる。さっき中出しした俺の精液が冷えて冷たくなったおまんこは、ちんぽで何度かかき回すうちに、また温かくなってきた。ねっとりと出し入れを愉しんでいると、ヒトミがディープキスしてきた。

 見知らぬ男に野外露出セックスをみられても、恥ずかしがるどころか、むしろ興奮しているらしいヒトミの様子に、俺は妄想をかきたてられる。もしも、さっきのおっさんが襲ってきてたら、今頃3Pになってたかもな、野外露出で3Pっていうのも、興奮しそうだ。

「なあ、さっきのおっさんにも野外露出セックスに参加してもらってたら、ヒトミはもっと愉しめたんじゃないの?」俺がからかうようにいうと、ヒトミのおまんこはますますしまった。野外露出で3Pしているのを想像したらしい。

「あなただけで十分よ。知らない人と3Pなんてイヤ。」想像だけでこんなにとろけそうになっているヒトミのおまんこは、ヒトミの言葉を否定している。今度、友達を誘って、野外露出セックスで3Pしてみるかと考えながら、俺はヒトミのおまんこの中に二回目の中出しをした。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ