玄関ドアに立っていた覆面男の目的は女を犯す事 - セクハラ・痴漢・レイプ

玄関ドアに立っていた覆面男の目的は女を犯す事

 マンションに住んでいる主婦です。朝、出勤する夫と登校する子供を送り出して、掃除をして、ゴミをマンションのゴミ集積場へ出しに行きました。帰って来て玄関のドアを開けると、そこに覆面の男が立っていました。

 アッと叫ぶ間もなく口をふさがれ、玄関の鍵を掛けられて部屋に引きずりこまれました。抵抗するもすぐにガムテープで口と目をふさがれ、着ているものをはぎ取られました。全裸にされた後、両手もガムテープで後ろ手に縛られてベッドに転がされました。



 男は私の両足を押し広げるとあそこに口をつけてぺろぺろとなめました。吸いました。舌を入れてきたりしました。クリトリスをいじられたり吸われたりしました。あそこに指を入れられて動かされました。

 恐ろしさで震えているのに、あそこが濡れてくるんです。そのうちに男がのしかかってきて、男のものがあそこに押し入れられました。男がぐいぐいと動いてやがて熱いものが子宮にどくどくと注ぎ込まれるのが分かりました。

 私から離れた男は私の口のガムテープを取って、私の口の中に半立ち状態のものをこじ入れました。私の頭を両手で掴んで前後に動かしました。私の口の中で男のものがぐんぐん大きく固くなってきました。

 私は喉の奥まで突かれてむせました。男は私の口にまたガムテープを貼ってから、またそのそそり立ったものをあそこに突き入れました。激しく動いてまたどくどくと射精しました。しばらくごそごそしていましたが、低い声で「カメラで撮ったからな」と言いました。やがて身支度をして出て行きました。


↓他のHな体験談を見る



ホームへ