司法書士事務所のバイト先の先生がイケメン - パート・派遣社員の体験談

司法書士事務所のバイト先の先生がイケメン

 32歳の主婦で、主人は海外に長期赴任し、子供はいません。仲の良い友人が妊娠してお腹が多くくなり、ご主人が行政司法書士の事務所にお手伝い方々バイトに行きました。事務所は先生と私の二人だけで、先生は背が高くイケメンで優しく、満たされない私は夜寝てていると先生に抱かれることを想像して自慰してました。

 その日は、作成する仕事に追われ、やっと一段落して休んでいると先生が「お疲れ様」と声をかけられ「なおみさんはご主人が長期赴任で寂しいでしょ、私も最近、ゆきえが怖がって私が要求しても拒否されtるので、仕方なく自分で処理をしてるけどなおみさんの姿態を思い浮べてしまいます」

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 と言うので私は「嫌な先生、そんなこと言われると体が熱くなります」と言いながら飲み物のグラスを片づけるため立ちあがると戦士に後ろから抱きすくめられ私は「いけないわ、ゆきえに悪いわ」と言っても先生はセーターの上から胸を揉まれ、

 うなじに熱い息を掛けられ、セーターの裾から手を入れられてブラジャーを上にずらされて乳房と乳首を愛撫され、秘部から温かいのが溢れて先生の硬いのが臀部に押し付けら気もそぞろになっていました。

 スカートの脇のホックを外され、手を下着のなkに差し込まれて濡れそぼっている秘部を指先でなぞられ、先生が耳元で「随分溢れてるけど、濡れてしまうから脱いだら」と囁かれ私はスカートとパンストと下着を脱ぐと先生もズボンなど脱いで私をつけに向かわせて、

 後ろから入口を浅く出しれを繰り返し、深く押し込まれては抜かれまた突きあげられるのを繰り返され、そのままソフあーに腰掛けると私を先生の膝に跨がせて、乳房と乳首を愛撫されながら下から突き上げられ、

 うなじに舌を這わすので私は堪え切れず、声を漏らし、果てても先生は行為を続けられ再び果てると先生は私を膝から降ろして私を前向きにさせて先生の膝に跨がせて、挿入させると口づけを交わしながら下から突き上げ、先生は仰向けに寝て私を上にさせるので私は腰を動かしていました。私が果てると先生も外に出したようでした。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ