30歳で未亡人とはモッタイナイですよね - 知り合いとの体験談

30歳で未亡人とはモッタイナイですよね

 以前勤務していた会社で、5つ年上の事務員(未亡人)との話です。その時、僕は25歳ぐらいだったから彼女は30歳でした。だんなさんは、彼女(由美さんとします)が、子供を出産した後に胃ガンで亡くなったと言っていました。

 ショックで母乳がでなくなったと言っていた記憶があります。子供さんが2歳半の時に、事務員としてパートで来て、非常に明るい人でした。でも時折、陰のあるというかさみしそうにしている時があり、会社の同僚はできるだけ亡くなられた御主人の話はしないよう、また、聞かないようにしていました。



 会社自体は、小さな運送会社で、社長と僕と由美さんと、中年の運転手の男性の4人でやっていました。社長を含め男性3人は、配送兼営業なのでほとんど事務所にいることはなく由美さんが、留守番をしていました。由美さんは、中肉中背できれいな感じの女性でした。

 僕は、彼女が年上だったので、異性として接していたわけではないのですが、よく履いてくるミニスカートから時折覗かせる太ももやふくらはぎがとてもきれいで、社長とよく、色気はありましすねっていう話をすることはありました。

 事務所で昼食を取るときは、きまって僕の向かい合わせに座るのですが、テレビよりスカートから覗かせている太ももにどうしても意識がいき、純粋にきれいだなと思っていました。ある日、僕はトラックが故障して配送できなかったので、一日中事務所で事務仕事をしていました。

 事務所は机が3つしかないので、すぐ横に由美さんが座っています。新規取引で過去の請求書などを見ながら見積書を作っていたのでどうしても、由美さんに、「距離でとるのか個数でとるのか?」と聞く事が多くしだいに、関係ない話もしてました。

 初めてしりましたが、けっこう下ネタも好きで、以前より打ち解けて話をすることができました。この際、御主人が亡くなられてから後の男性関係を聞いてみることにしました。予想どおり、子育てに忙しく、男性と出会う機会が全くないそうで、考えたこともないとのことでした。

 少しだけ寂しそうな表情をしているのがわかりました。「じゃ、年下の男性といても仕事楽しい?」って聞いてみました。「オッサンと一緒よりいいよ。」って言ってました。その日は話で終わったのですが、ちょっと気になったのでその日の夜に、由美さんに謝ろうと電話をかけました。

「今日、なんか変なことばかり聞いてごめん。」「別にいいよ、日頃誰もいないから話する機会もあまりないし。」「いろいろ話ができて楽しかったよ。」なんか初恋のような気分になり、少しだけ由美さんのことが好きになっていました。
それから1時間くらい話をしていました。

 その時、由美さんは話の途中で「バツイチで、子持ちじゃ、相手してくれる人はいないよ。」って言いました。「由美さんは綺麗ですよ。そう思うよ。太ももとか、スカートから見えるでしょう。正直に言います。僕はアソコが勃起したことあるよ。」僕はビールを飲みながら話をしていたのですが、アソコとか勃起っていう表現は酒の勢いか、後で考えると恥ずかしい思いでした。

 由美さんは「うそばっかり・・でも、正ちゃんだったら、嬉しいかな。」って言ってました。僕は酒の勢いで少し調子に乗ったのか、「今度キスと胸触らせてください」すると由美さんは「えー、そしたら今から会いにきてくれる?」僕はうれしくて「速攻でいきます」

 由美さんは「う・そ・よ。(笑)」もう夜も遅かったので、このくらいで電話を切りました。しかし、僕は、電話中、終始、勃起してたので、電話を切った後、速攻でレンタルビデオ屋に行き、人妻のOLものを借り、遅くまでシコシコしてました。

 翌日、当然会社に行くと由美さんと会います。由美さんは、僕の勘違いか、普段より僕の顔を見ると、話かけてきて笑ってくれます。社長も、配送のオッサンも、配送で出て行きました。

 今日まで僕が乗っているトラックは修理がかかるとのことで、事務所にいなければならず、事務処理をすることにしました。この会社は仕事中はほとんど電話がなりません。固定のお客さんとの取引しかしてないので、はっきり言って、暇でしょうがなく、ネットでエッチなサイトを覗いたりしながら、時間をつぶしてました。

 だから当然、由美さんとの会話も多くなります。「昨日は電話ありがとう。」美樹さんから言い出しました。「昨日は由美さんのことばかり考えて眠れなかったよ。」冗談で返答しました。「毎日エッチなことばかり考えてるんでしょう?」

「そういうわけじゃないけど・・」「若いっていいよね。」なんか子供扱いを受けているようで「今日さ誰もいないから、キスしてもいい?」なんとも唐突な問いかけに由美さんも少し驚いた感じでしたが「ここで、それも今?」「そう、今すぐ。」

「冗談は顔だけにしてね。」「でも昨日約束したよね。」「わかりました。もてない正ちゃんのために、軽くね。」すぐに席を離れ、由美さんの椅子の後ろへまわり、後ろから抱きつき、「してもいい?」て聞くと、由美さんは振り返る形で、ちゅってしてくれました。

「えー!これだけ?」「しかたないわね・・」今度は、少し長くしてくれました。鼻から息を吸うと、由美さんの化粧と香水の匂いがします。由美さんも、かすかかな呼吸が、聞こえてきます。女性の息の匂いです。もう一度キスすると、今度は舌を由美さんの唇に、はわせました。

 由美さんは何も言いません。ゆっくりと舌で唇を割ってみました。由美さんは、力を入れてなく、受け入れてくれました。そして、僕の舌と由美さんの舌がからみあい始めました。僕は、昨日の2つの約束を実行しました。

 椅子に座った由美さんを、キスをしたまま手は、由美さんの胸を制服の上から、軽く触りました。由美さんの手は、僕の手をにぎり、「ここまで・・」って言ってるようでした。しかし、由美さんの手はそえてるくらいです。

 いっときの間、キスをしながら、胸を揉んでいました。突然電話がなり、いったんお互い離れました。電話の後、由美さんは、「もぉー、久しぶりにキスだったわ・・」「ちゃんと願いはかなえてあげたよ。」由美さんは笑顔で言いました。

 でもすぐ意地悪そうに、「もしかして立ってる?」僕のアソコはビンビンでした。「もちろん、立ってなかったら由美さんは寂しいでしょ?」そうすると由美さんは「どれどれ、私が確認してあげる。」と言って、僕のチンポをズボンの上から手で触り始めました。

 チャックに添って、テントができていました。「けっこう大きいじゃない。」由美さんが言いました。「ズボンのはいてるから、そう見えるだけですよ」少し、謙遜してみました。「結婚して子供産むと、なれっこになるの?」触られながら、聞きました。

「慣れてるわけじゃないないよ。」由美さんは触っているというより、上下にさすっている、というかんじで、僕は「気持ち良すぎて、僕、どうなるかわかりませんよ」「もしかして、エッチしたくなった?」「ならない方がおかしいって」

「ダメよ。ここは職場。みんな帰ってきたらどうするの」「大丈夫、だってさっき出て行っただし。」「だーめ」
そう言って、由美さんは、アソコをさするのをやめてしまいました。もう引き下がれなくなった僕は思い切って賭けにでました。

「わかってますよ。でも、もう一回だけキスさせて?」「どうしようもない子ね・・」そしてまたキス。今度は最初からディープキスです。もう一度胸を少し触ってから、太ももをさわってみました。由美さんは今度は強く手を握りダメという表情をしてました。

 僕はいいました。「由美さん、アソコ濡れてるでしょ?」「正直に言ってくださいよ。」手は太ももからタイトスカートの中に入り、由美さんのパンティーの上からアソコを撫でていました。抵抗はしてなく、足に力は入ってないので、すぐにアソコを触ることができました。

 パンティーの上からでも、濡れているのがわかりました。パンティーの間から指を入れて、じかに触ってみると由美さんは少し声を出していました。僕は、我慢できなくなって言いました。

「エッチいいから、手でしごいて?」「しかたないなぁ・・」僕は、由美さんの横に椅子を持ってきて座りました。僕はチャックをおろして、パンツの窓からアソコを出し由美さんの方を向き、手をチンポに持っていきました。

 由美さんは、僕のチンポをゆっくりとしごき始めました。我慢汁があふれ出ています。「もっと上下にしごいて。」「もぉー」ちょっと、怒った顔ですが、それは冗談だとわかります。由美さんは、ベルトを外してズボンを脱がし、無言で上下にしごいてくれてました。

 でも、男性ならわかると思いますが、あまり気持ちよくないのです。「由美さん、ちょっとツバつけて?」「どうやって?」「手にツバだしてくれてもいいし・・」「はいはい。こうでいい?」どろっと、自分の手にツバを出してローション代わりにして、また、しごいてくれました。

 さっきより、ずっと気持ちいいです。乾いたらまたツバをつけて、何度か繰り返しました。ついにイキそうになりました。「ちょっと、待って、!」由美さんの手を握りました。「どうしたの?」「イキそうやった・・」「出してもいいよ」

「でも汚れるし…」「そうやね…」由美さんは机の上にあった、ティッシュを何枚か取って射精の準備をしてくれました。とりあえず冗談で聞いてみようと思い、「舐めるのだめ?」と聞きました。「いいよ」って由美さんは答えてくれました。

 手で、しごきながら、舌で亀頭を円を描くように舐めてくれました。由美さんのだ液チンポはにゅるにゅるになって、それを手でしごくから、凄く気持ちいい。しばらくして「あっ、イクよ・・」由美さんは、すばやく持ってたティッシュをチンポにかぶせました。

 昨日オナニーしたのにいっぱい出ていました。由美さんは、新しいティッシュそえて、またゆっくりしごきながら笑顔で聞いてきました。「どう?おさまった?」その後僕は、由美さんのめりこんでしまいました。

 職場では、1回きりですが由美さんの子供が寝てから、深夜に会い、自宅や車の中で何回もエッチをしました。さすがに僕もバツイチ子持ちの彼女と付き合う勇気はなく由美さんも、強くは望んでないみたいでセフレ関係となりました。

 会社は、不景気で仕事も減り、僕は転職し、由美さんも他の会社へと移りました。だんだんと会う回数も減り、今はメールか電話をするくらいになりました。きらいになったわけではないのですが、転職して帰りも遅く、また遠くに通勤しているため、会いに行く気力がありません。

 このまま自然消滅しちゃおうかなって思っています。


↓他のHな体験談を見る



ホームへ