寝苦しい夜に弟が私の性器を弄りました - 近親相姦の体験談

寝苦しい夜に弟が私の性器を弄りました

 私は寝苦しい夏の夜など、よくノーブラでTシャツ、それに短パンの姿で寝入ることがあります。汗っかきな私にはその服装でも寝汗でびしょぬれになることもあります。その夜も寝苦しくて掛け布団も掛けず、ラフな姿で寝入っていました。

 しかし真夜中に急に重く暑苦しい感じが私を襲い、目を覚ました。しばらく頭がはっきりしないで自分の置かれた状況を自覚できませんでしたが、やがて弟の篤が私の体にのしかかっていることに気がつきました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 慌てて離れようとしましたが、弟は私より三つ下と言ってもすでに1○歳になると顔立ちは子供でも、体格は大人になるものです。女性でも小柄で細身の私では引き離すことは出来ませんでした。でも何も恐怖を感じませんでした。

 小さい頃から可愛がっていた弟だけに、悲鳴を上げて助けを求めれば大事になると思うと、黙って続けさせるしかありませんでした。やがて篤がTシャツをまくし上げました。ノーブラだからTシャツの下から汗で濡れた乳房が胸に直接、外気に晒されます。

 篤はそれを見るとむさぼりつくように顔を埋めました。そのときはさすがに息も詰まるくらいの驚きましたが、それでも黙っていました。そのときは男に襲われるなんて感覚ではなく、駄々っ子の我が儘に仕方が無くつき合っている感じでした。

「篤、見るだけさわるだけよ。」私はそれだけやっと言いました。篤は私の胸の中で頷きました。篤はそのまま私の胸に顔を埋めて、赤ん坊のように乳首を舐めてきました。そのときに私は昔のことを思い出しました。弟が小○生の時には一緒にお風呂に入ったり、時にはふざけて私の体に触れさせたりしたものです。

 そのときには、私の乳房を舐めるなんてことも弟はやっていました。それを思い出すと恥ずかしいなんて感覚はすぐに無くなり、また、弟がいつまでたっても姉離れ出来ない子供なんだと思いました。やがて篤の攻撃が執拗になり、ついに私の股間に手を入れた時も、恥ずかしいなんて感じはなかった。

 弟の手が私の短パンとパンティを一緒に引きずりおろした時には、思わず腰を上げて脱がせ易いように手伝ってあげました。弟以外の男にこんな行為を行われたなら、私は恐怖で悲鳴を上げていたでしょう。でも、姉弟であるが故の気安さのためにごく自然とこんな行為を認めていました。

 篤は狭いベットの上で四つんばいになって、私の股間を顔を埋めるようにしてじっと見つめ、それから私の性器を手で開きました。さらに指を入れてきました。私は鋭い痛みを感じました。「痛い。」私は弟の乱暴の仕草に抗議の声を小さく漏らしました。

「ごめん」弟はそう言って謝り。性器から手を離しました。でも今度は手ではなく唇で私を攻めてきました。私の性器にキスをして、さらにクリトリスまで吸い取るようにキスを続きけました。私は高校に入った頃から、自慰行為を憶えて月に何度かやっていました。

 まだ男性との経験はなかったから、行為はクリトリスをこするのが中心でしたが、指を少し性器に入れるくらいのことはやっていました。そのせいか性的な刺激には慣れているようで、弟が愛撫を続けると思わず腰が動いてしまいました。

 それに気がついた弟は、執拗に私を責め立てます。私は思わず声を漏らしそうになるくらいに感じてきました。やがて弟が腰をズボンを下ろして自分の性器を出しました。我慢出来なかったのでしょう。そのまま自分の股間に右手を持っていき、何度となく動かしています。

 ベットはその行為でギシギシと揺れてきました。私は自分の股間に顔を埋めながら弟がオナニーをやっている、この想像もしたことがない光景に何だか現実感が浮かばず、呆然としていました。やがて弟は腰をさらに高くあげました。

 そうなるさらに、私の股間に強く顔を押しつける姿勢になります。そのとき弟は射精したのでしょう。篤の体がけいれんしたのが、私の股間に伝わってきました。そのまま私たちはぐったりしていましたが、やがて篤は私に抱きついてくるとキス
を始めました。

 そういえばこれがファーストキスだなって、私はぼんやりと思いましたが、私の手は自然と篤を抱き寄せていました。やがて彼は私の足を開き、自分のペニスを手にとって私に押しつけてきました。まずいかなって思いましたけど、私の体は私の考えとまったく逆の方に動いてしまいました。

 足を曲げ、さらに開き股間も少し上げて入れやすくしたのです。篤の体は私の中に一気に入ってきました。そのときの私の股間はもの凄く濡れていて、すんなりと弟の体を受け入れてしまいました。すぐに根本まで入り、私の体と弟の体は簡単に重なりました。

 初めて男性を受け入れた私の体は、少し鈍い痛みを伝えてきましたが、思ったほどひどくはありませんでした。やがて弟が体を動かし始めた時も、股間に違和感はあるものの、そんなに痛みはありませんでした。弟の動きはほんの2、3分であっけなく終わりました。

 篤は私の中で射精したのです。その夜はそれで終りました。親に見つかってはいけないと弟を急かして彼の部屋に追い返しましたが、見てみるとシーツには私たちの体液と私の血がついていました。私はこっそりそのシーツを風呂場で洗い、洗濯機に入れました。

 冷静になってみると、ずいぶんと異常な初体験をしたものだと思いましたが、弟に対する怒りははやはり浮かびませんでした。それから私は、弟に求められるまま毎日のように関係を続け、もうすぐそれも一年になろうとしています。

 親に見つからないように真夜中にこっそり30分、一時間と関係を重ね、危うく見つかりそうになった時もありましたが、続いています。私の体も弟の愛撫を受けるうちに違和感や痛みは消え、深いエクスタシーを憶えるようになりました。

 何かの機会に何日も弟と関係をもたない時には、弟に抱かれた時のことを思い浮かべてオナニーしまうくらいです。でもこの異常な関係もいつまでも続けるわけにはいきません。高校を卒業したら私は、この町を出る予定です。

 そのときには弟も高校に上がり新しい恋人でも見つけるでしょう。そのときを期待する一方で、いまの関係を一日も長く続けたいという思いもあるんです。複雑です・・

↓他のHな体験談を見る



ホームへ