中年人妻に危険な恋のスイッチがはいってしまいました - 不倫の体験談

中年人妻に危険な恋のスイッチがはいってしまいました

 46歳の人妻のお話になります。そんな私が恋をしてしまって、まさか主人以外の人を好きになるなんて2年前までは思いもしませんでしたが、今ではお付き合いをしている素敵な彼が密かにいます。彼・雄大さんは、一人息子(24歳)の大学時代の友人でした。

 その息子も大学を卒業して地方の街に就職して、主人との二人の生活に戻り、地元の市役所で嘱託のお仕事を始めました。彼は近隣の街で就職してからも、息子が帰って来ると遊びに来ていました。愛嬌があって優しそうで可愛い子だなあ、と最初は思っていたのですが、いつの間にか彼が気になり始めて、恋をしている自分に気付いてしまっていました。



「何かあったら、私で良ければ相談に乗ってあげるわよ」なんて言っていた言葉を覚えていたのか、彼は私のスマホまで電話をくれるようになりました。そして密かに出会うようになり「志穂さんの料理を食べてみたいな」なんて嬉しいことを言ってくれる彼に提案したのは、私の手作りのお弁当でした。

 そんなことがきっかけとなって、ある日、彼は有給休暇を取り、私は主人には黙ってお仕事は休み、彼とドライブにお弁当を持参で出掛けました。彼はものすごく喜んでくれて元気いっぱいに平らげてくれて、作った私もまた嬉しくなりました。

 そこにはすでに彼の隣でドキドキしている私がいて、階段を上る時には手を引いてくれたり、自然と手を握って歩いていました。そして自然な流れのまま、彼に口説かれた私は彼に抱かれる女に変身していました。

 何度目かに抱かれた時には、ついに私を女の頂点まで導いてくれた彼に、女を取り戻せたような感触を覚えて、彼に対する気持ちはずっと深まっていきました。こんなに年齢差があるにもかかわらず、私を女として優しく扱ってくれ、

「志穂さん、好きです」と耳元で囁かれたなら、女なら誰だって嬉しくなります。「私も、好きよ」と言っている自分には驚きました。今は彼の求めに応じて、黒髪に戻して伸ばし、肩甲骨が隠れるほどまでに長くなっています。私がベッドで乱れる時のその長い髪がいいんだ、なんて彼は言っています。

 1週間に一度はお仕事終わりの私を近くまで迎えに来てくれて、彼の車の中でしばらく過ごすことがあります。テイクアウトでコーヒーを買って、静かな場所で彼とお話をしているだけでも嬉しいものです。

「おいで」と私を自分の膝の上に促す彼に、私はスカートのまま対面して膝の上に跨ります。「恥ずかしい」と何度言っても彼は許してくれません。彼と対面して跨ったまま、お話をしながら彼は下から腰を突き上げてくることがあります。

「もう、やぁだ~」とはにかんでしまう私に、「したいよね?」と訊いて来るので、小さく頷いた私は「したい」なんて答えてしまっています。2年前の私は、そんなことは絶対に言えない人でした。

 避妊だけはちゃんと心得てくれていて、主人とは経験したことのない体位まで彼とは経験したり、男女の深い話をしていたり、今では私が言わなくても私の生理の時期を覚えてくれている彼は、服の上から子宮のあたりを優しく撫でながら「早く終わるといいね」なんて言ってくれます。

 そして彼の熱意のある願望にはいくつか応えていました。「素顔の志穂さんを抱いてみたい」という注文には、ホテルの洗面台でお化粧を落として、素顔で彼にも抱かれました。気になる目尻の小皺さえ「可愛いよ」なんて言ってくれる彼が、深い余韻の中で嬉しいものでした。

 「一度だけでいいから志穂さんの体内に生で出したい」という彼のリクエストにはしばらく悩みましたが、それもついに叶えてあげたのは梅雨の頃でした。生理が来て安心しましたが、私自身も彼の熱いエキスを体内で直に受け止められた感触は、今でも覚えています。

 ある日、デパートの地下駐車場で仕事帰りに密会してお話をしていて、私はお手洗いに行きたくなる模様がしました。それを彼に伝えると、「見たい・・見せて欲しい・・志穂さんの」と言ったのでした。

 私のおしっこ姿を見たいという彼の求めには首を振って恥ずかしいから出来ないと拒みましたが、彼は私の手を握りしめたまま離してくれず、お手洗いにも行かせてくれずに、彼の熱意を受け止めることになりました。ついに観念した私を車から連れ出した彼は、エレベーターの脇にあった広い個室トイレにそっと連れ込んだのでした。

 洗面の鏡の前で私を背後から彼は羽交い絞めにして「ドキドキするよね」なんて囁きました。私もドキドキしていました。彼は胸を撫でまわし、スカートの裾から手を入れるとたくし上げて、鏡の前で私の下着を露わにしました。

「可愛いパンティだね」と囁かれて、顔を伏せてしまいましたが、彼の手の指先は私の女の部分をストッキング越しに、あそこの亀裂を的確に撫でていきました。「あっ・・」個室に響いてしまう声を私は漏らしていました。

 そんなに撫でられると尿意が進んでしまい、快感を覚えているくせに限界近くになっていました。「もう・・だめ・・」彼は便座の前で私のストッキングを膝の上まで降ろし、下着までも優しく降ろしました。

 そして便座に私を座らせると、私の前にしゃがみ込んで至近距離から私のあそこを観察し始めました。緊張してしばらくでなかったのですが、やはり限界を察した私の体は、「もう・・だめ・・出ちゃう」の言葉が合図で、ついに彼の目の前でおしっこを勢いよく便座に放ってしまいました。

 シューという音と便座に当たる音だけが個室に広がって、衆知を感じつほどに恥ずかしさがありましたが、彼の視線は真剣でした。おしっこを終えた私のあそこを、彼は紙で三度も丁寧に拭い取ってくれたのでした。

 恥ずかしさのあまりに赤面してしまいましたが、彼の優しい拭い取りには幼い頃に両親から拭い取ってもらっていた感触を思い出していました。彼はもう我慢ができなかったのか、その場で立ち上がるとスラックスのファスナーを降ろして、私の目の前に硬く反り返っている男性そのものを見せつけるかのように近付けました。

 そんな立派に逞しい彼のものさえ、その時の私には愛しく感じられていました。彼の硬いものを唇の間から口に含んで、愛してあげました。「もう我慢できない」という彼は私を立ち上がらせて、洗面台の前まで導きました。

「したい」「ここで?」「我慢できない」彼は私にコンドームを一枚だけ持たせていました。生理用品の入ったポーチの中に忍ばせていました。それを取り出すと、彼は私にコンドームをはめさせました。そして、洗面台に両手を突かせた私の背後から、彼は位置を決めて腰を進めました。

「あっ・・」私のその声は個室の中で一瞬だけでも響いたはずでした。彼の硬いものが体内に挿入されていき、根元までいっぱいに届く奥行きに、私は声を我慢することが困難でした。彼は私に容赦なく腰を進めて、ピストンを繰り返しました。

 その興奮状態は私も同じで、こんな場所で密かに彼に背後から攻め立てられているなんて、興奮が快感に変わるのはすぐのことでした。腰を両手で支えられて、後ろから限界まで深く突かれていると、もう腰も膝も笑ってしまいそうに脱力してしまう直前でした。

 彼が薄い皮一枚を隔てて放った鼓動を体内でしっかりと感じ取りながら、「イッ・・イクッ」私もまた軽く頂点を迎えていました。彼は後始末をして、私のあそこをまた丁寧に拭ってくれて、下着とストッキングまで脱力している私に穿かせてくれたのでした。

 洗面台の前で熱く火照った汗の滲む体と赤く染まった私の顔を背後から眺めて、「また挑戦しようね」なんて言われたなら、もう嫌だと首を振りながらも、これほどドキドキ興奮したことは初めてだったと悟りました。

 少し乱れた髪を優しく解いてくれて、呼吸を整えて無事に個室から二人で一緒に出られたのは幸いのことでした。すぐ後に、エレヴェーターから人が出て来たからでした。今でもそのデパートにお買い物に行けば、あの時の彼とのことがいつも思い出されてしまう私です。

 週末は彼には会えない気持ちは、淋しく残念ですが、満たされている気持ちをここにそっと書き込んでみました。


↓他のHな体験談を見る



ホームへ