可愛がってくれた団地に住む若妻たち - 人妻・不倫の体験談

可愛がってくれた団地に住む若妻たち

 田舎からとある大都市の大学へ進学した俺は、学費や生活費を稼ぐために寮の先輩に紹介された小さな酒屋の御用聞きと配達のアルバイトを始めた。市営団地の4階と5階辺りがお得意先が多く、夏場は結構力仕事で大変だった。

 ビールのケースを二つ重ねてエレベーターのない団地の階段を登るのはキツかった。だが、辛さを吹き飛ばすようないい思いも出来たので卒業間際まで続けた。前置きが長くなりすみません。

[PR] 楽しい出会いは登録者1000万以上のPCMAXで・・!
[PR]【人妻NET】夫に不満な人妻が割り切った火遊びを・・!

 1年目の夏休みのとある朝、いつものように5階の○○さんの家に御用聞きに行き、チャイムを押すと「ちょっと待ってぇ」と慌てた様子の声がした。直視日光に曝されながら5分ほど待っていると「兄ちゃん待たせてごめんな、旦那を送り出してから二度寝してたから着替えとったんや」と言いながらドアを開けた。

 目に飛び込んで来た姿はノーブラに白のタンクトップ、下半身は明らかにノーパンにショートパンツの30過ぎの奥さんのあられもない姿だった。顔は夏目雅子似で細身だがDカップ以上はあるバスト、やけに艶かしい雰囲気を持った女だ。

「兄ちゃん、今日は3時に中瓶1ケース持ってきてや。えらい汗かいとんなぁ、ちょっと待ちや麦茶あげるから」と奥へ。奥さんが背中を向けたと同時に、不覚にも鼻血が出てきた。

 初体験は済ませていたが、田舎を出てから女っ気が無かったから溜まっていたのだと思う。麦茶を持ってきた奥さんが俺を見て「兄ちゃんどないしたん!鼻血出とんでっ」と驚いて持ってきた麦茶を俺の胸元に引っ掛けててしまった。

「あ、あ、すんません、暑さにやられたみたいで、玄関先に血が落ちてしもうた、何か拭くもんありまへんか?」という俺に「あらら、ごめんやでTシャツ濡らしてしもたがな、中に入ってドア閉めて。」

 言われるまま中に入ると「Tシャツ脱ぎや、暑いから洗ろたらすぐ乾くやろ、それと鼻血止めなアカンやろ、上がって!」促されるまま居間へ入ると「旦那のやし兄ちゃんには小さいけど着といて」と洗った紺色のTシャツを渡された。

「兄ちゃんいい体つきしとんね、何かやっとんの?」「空手を少し」と答える間もなく胸板をなで回してきた。驚いた俺は後退り、後ろにあったテーブルの角に尾てい骨をぶつけてよろけてしまった。その拍子に奥さんの脇腹あたりに鼻血で汚れた右手でつかまろうとしてタンクトップを汚してしまった。

「何びっくりしてんねん、あんた女知らんのか?こんなオバハンの冗談気になるんか?」「その格好やったら誰でも目のやり場に困りますよ、奥さんキレイやしそんなんされたら襲ってまうわ」半分冗談、半分本気で口から出てしまった。

「嬉しいこと言うやん、襲ってもええよ!」マジな目付きに少しビビりそうだったが、鼻血が更に出てしまったため「ティッシュ下さい!マジで血がとまらんようになってきた」「ハハハ、若いからしゃあないな」ティッシュを丸めて俺の鼻に詰め込むと、自らタンクトップを脱いで俺の乳首を舐めてきた。

「アカンて奥さん、誰か来たらエライことなりますよ」「ええやん、どうせ隣の恵美ちゃんくらいしか来ぇへんし、恵美ちゃんやったらあたしといっしょで溜まってるから仲間にいれたらええやん」半ば強引に逆強姦状態。ままよ!と開き直り、せっかくなのでご馳走になることにした。

 最初は為すがままに奥さんのしたいようにさせていたが、そのうち俺のSのスイッチが入ったため立場逆転。ショートパンツをむしり取り、汚れたタンクトップで万歳させた両腕をテーブルの足に縛りつけた。

「兄ちゃん手荒なことせんといてな、うち怖いの嫌や」「怖いことないよ、ただ大人しくしててくれはったらいい気持ちにさせますから」「エライ自信あんねんな、アカンかったら酒屋のおっちゃんに言うでぇ、ホンマに逝かしてや」「今朝も旦那さんとやってたんやないですか?」

「今日から5日も出張やからって、早起きして旦那の息子起こしてその気になったんやけど、途中で遅刻するぅとか言うて出でかれたんや。中途半端でモヤモヤしてたら兄ちゃん来たんや」「それってオナってたっこと?」「恥ずかしいわ、言わさんといて!そんなことよりはよしてぇ」

 根っからの淫乱っぽい奥さん、焦らす時間もないので取り敢えず両足を大きく広げクリを覗くと、顔に似合わず親指ほどの大きなクリが花弁から勃起したように飛び出して濃いピンク色が濡れ濡れに。人差し指で弾いてやると「う~ん!」続けて親指で擦りながら人差し指と中指をGスポットを探るように入れた。

 すぐにポイントが分かり、激しく抜き差しすること1分「アカンアカン、そんなんしたら漏れる~っ!漏れるってぇ~」言ったと同時に指を抜くとピュッピュッと軽く潮吹き。再度指を入れて繰返し抜き差しを続けると、今度は大量の潮吹き。

「奥さん大分溜まってはったんやね、凄いわ」「ひぃっ!あああ~ん!あっあっあっ~」床一面水浸しになるくらいの潮吹き、高校時代から田舎のおばさん達に教え込まれたおかげて、この奥さんくらい逝かせるのは簡単なことだった。

 呼吸が落ち着き出すと「兄ちゃん若いのに女の扱い上手いな、どこでおぼえたん?」「夢中でやってみただけですわ、俺彼女おれへんし、高校の時に田舎のおばちゃんが筆下ろししてくれて、その人しか知らんのです」と嘘。

 俺の息子が我慢出来ないようなので、会話もそこそこにしてGパンをパンツごと脱いで奥さんに見えるように竿を振って見せる。「嫌ややわぁ~、旦那の倍ぐらいあるやん!入らへんのと違う?」期待と不安が混ざった言い方だったが、俺は躊躇なく奥深く差し込んでやった。

「いっ、いっ、いっ、いいぃ~っ!」キツキツ気味だったが、子供を産んでなさそうで締まりが良かった。ゆっくり抜き差ししながら奥さんの表情を観察する余裕さえあった。最初は恐々だったようだが、そのうち慣れてきたのか自分から腰を動かし始める始末。本当にスケベな奥さん。

 御用聞きが、一軒の家に一時間近くいるとご近所に怪しまれるので、もっと楽しみたい気持ちは捨てて一気にクライマックスへと腰の動きを早めた。「ダメダメダメダメ!壊れるぅ~っ!」と身体を何度もピクつかせる奥さんを無視して、

 自分勝手に腰を振り出そうになったので「顔かお腹どこに出す?」「そのまま中でええよぉ~っ!ちょうだい!安全日ぃ、あっあっあっ、逝くぅ~っ!あああ~ん!」ラッキー!そのまま中出しして果てた。

 ふっと、振り向くと視線の先に呆然と立ちすくむ女の人が一人。内心ヤバい槌 ややこしいことになるかもと思いながら、奥さんから身体を離しその女に急いで近寄り腕を掴んで中に引き入れた。俺がドアを背にして鍵をかけると、意識がハッキリしてきた奥さんがその女を見て

「恵美ちゃん見てたんや、うちの旦那には内緒やで。恵美ちゃんもこの兄ちゃんどうや?」俺はお前らの奴隷じゃないぞと思いながら「お隣の奥さんですか?いつもドア越しに声しか聞いてなかったんで。奥さんもこちらとは違うベッピンさんですねぇ」

 俺の言葉を無視して「由紀さん、この兄ちゃん良かったみたいやね。貸してもらってええの?」「貸すも貸さんもないわ、兄ちゃん聞いてみたら?」以外と素っ気ない対応にこっちが驚いた。

 恵美という隣の奥さんがニヤリと微笑みながら「今更ダメやとは言わんよね兄ちゃん!アタシも楽しませてくれんと大事になるよ」完全に脅し。「分かりました。でもお二人ともご近所から怪しまれたらお困りやろうから、恵美さん今やのうてあと一時間後でダメですか?」

「何でやの?」「いっぺん店に戻って、授業あるから言うて時間作って来ます。」「しゃあない、うちもたまっとるから早よ来てや」「恵美ちゃんアタシもいっしょやったらアカン?」由紀というこの奥さんが変なやり取りをしている間に借りたTシャツを着て玄関ドアを出て

「すんませんでした、すぐ着替えてお返しに上がりますから」と他人が聞いたら訳のわからんことを下の階にまで聞こえるように言って階段をかけ降りた。本当に店に戻って大将に中抜けして授業行ってきますた嘘をついて、一旦寮に戻って洗った自分のTシャツに着替え、田舎のおばちゃん達にもらったおもちゃをいくつかナップサックに入れて団地の5階にもどった。


↓他のHな体験談を見る



ホームへ