SEXできる女性を探す飽くなき探求

 もう十年以上前の話。ナンネットの2ショットチャットで出会い、初めて童貞を捨てた時の本当のお話。20歳だった私は抑えきれない性欲から、夜な夜な2ショットでsexできる女性を探していた。

 いつも大体2ショットで話して会える雰囲気になっては、急に音信不通になり意気消沈して自慰に走る繰り返しだった。ヴァーチャルな世界で、エロトークを楽しみたいだけの人達に遊ばれる日々で、性欲は増すばかりだった。



 そんな時、31歳の人妻あやと出会った。今回もいつものパターンだろうと思いつつキーボードを打った。年下君が好きということで、今までの敗戦数が何だったのかと思うくらいトントン拍子に話は進んだ。

 私は恐る恐る童貞であることと障害があることを明かした。あやは「最初が私で本当にいいの?」と聞いてくれた。障害があることも気にならないと言ってくれた。気遣いをしてくれる優しさに嬉しかった。

 何より会話中に送られてきた顔も隠れていない全身裸の写真で興奮が止まらなかった。少しキツネ目の整った顔と胸は無いが線の細い綺麗な身体に、私の一物はおさまる事が出来なかった。旦那に中出ししてもらった後の写真まで送られてきた。

 姫の中から白いドロッとしたものが垂れ落ちてる姿は童貞の私には刺激が強すぎた。数日後、私の一人暮らししている家で会うために最寄り駅で待ち合わせることになった。本当に来てくれるのだろうか?冷やかしなのでは?会ってやっぱりごめんなさいとなるのでは?不安な気持ちとsexへの期待が織り混ざって爆発寸前だった。

 あやは私を見つけると小走りで来てくれた。安藤美姫似のとても美人で色気のある女性だった。明るく気さくなあやは、会ってすぐ可愛いと言ってくれた。チャットしてるときにどんな服装がいいか聞かれていて、

 私はノースリーブでタートルネックのニットにタイトなミニスカートを希望していた。下着も黒がいいと言っていた。今思い返せば、何という童貞臭の強い要望だろうか。しかし要望通りの白いニットにジーンズ生地のミニスカートで色気がたまらなかった。

 駅から家まで10分くらい歩いている間「これからエッチするんだね」とか「下着も気になるでしょ?」とか誘惑するような事ばかり言われて死ぬほど恥ずかしい気持ちになった。こんな心臓の音がずっと聞こえている経験は初めてだ。

 7畳の狭いワンルームに着いてベットに座ってもらい私も隣に腰掛けた。何を話していいか頭が真っ白になりつつはじめまして、と訳の分からない事を言っていた。緊張のあまり身体は震えていて歯がガタガタいっていた。

「震えてるの?大丈夫だよ。本当にチェリーだったんだね可愛い。」とギュッと優しく抱きしめてくれた。「こうやって人肌に触れていると安心するんだよ」と言われて震えがおさまっていった。

 ディープキス、おっぱいを服の上から触る事、服を脱がせ黒い下着姿を拝むこと、ブラのホックの外し方、全てが
初めてで、体験したいと思ってたことが徐々にクリアされて行く感じが大人の階段を上っているようだった。

 一つずつ丁寧に初めてを体験させてくれるかのようにあやは「ブラ外したことある?初めてなんだね。焦らないでやってみて?」とリードしてくれた。私の一物を触りながら「女の人に触られるのも初めて?」とあやは聞きながら、うんと頷くと嬉しそうにしていた。

「じゃあフェラチオも初めてでしょ?」とイジワルそうに言いながら私が懇願するまで舐めてくれなかった。「さすが若いとギンギンだね。これだけでいっちゃいそうじゃない?一回しかイけないなんてことないよね?」と

 お楽しみを確認しながら、ゆっくりいやらしく触ってお口に近づけては暖かい吐息を吹きかけ焦らしてきた。もうお願いします。フェラチオしてください。と恥ずかしい くらいトロトロの顔で懇願したら、いいよ。と一言、私の一物をゆっくり頬張った。

 普段の自慰では感じることのない快感に声が出ていた。「いいよ。もっと声出して感じて。男の人の喘ぎ声聞くだけで
私も感じちゃう。」とあやは言った。私は喘ぎ声で感じるの意味がこの時はよくわかっていなかったが、あやのフェラチオのうまさに耐えるので必死だった。

「フェラチオだけでイきすぎると中で気持ちよくならない癖がついちゃうといけないから、そろそろしよっか?」と買いたてのコンドームの箱を開け、私の上に跨がった。

「ほら見て触ってないのに、グチョグチョでしょ?」「私も凄く興奮してるの」「初めてのエッチは正常位がいい?騎乗位がいい?」本当にこんなに暖かくトロトロになるのか、と思いつつ騎乗位がいいとお願いしていた。

「やっと初めてできるね。どんな気持ち?ほら入っていくよ… チェリー頂いちゃった…気持ちいいでしょ?」と言葉で優しく愛撫されながら私の童貞は卒業を迎えた。こんな気持ちいいものなのかと驚きながらも無心に快楽を求めていた。

 10分も持つことなく果てたが、初めてにしては頑張ったとあやは褒めつつ私をギュッと抱きしめつつ「こうやって終わった後もスキンシップするのが大事なんだよ」と教えてくれた。

 初めての感想とか普段見るおかずの話とか、せっかくだからやりたいことはある?と聞かれたり、とにかくあやは優しかった。そのあともフェラチオでいかされたり、正常位、寝バック、立ちバック、背面騎乗位とあらゆる体位であやの身体を求めた。数時間の間で7回は射精した。

 最初はリードされっぱなしだったが、あやにも気持ちよくなって欲しいという思いでいっぱいだった。緩急をつけながら、時には徹底的にあやの弱いところを探しては腰を振っていた。

 あやは痙攣しながら「それ以上はだめ…イっちゃう…」と言われたが演技なのか本当なのか分からず無心に責め続けた。「まさかチェリー君にイかされちゃうなんて…本当に童貞?童貞でそんな腰の動きできるものなの??」と驚いていたのできっと本当にイってくれたんだと、嬉しかった。

 結局10回は私も射精してお互いに濃厚な時間を過ごした。あやは「とんでもない怪物を目覚めさせてしまった気がする」と言っていた。その時は何のことかよく分からなかったが、私はかなり絶倫なんだと後々分かった。

 帰り際にあやは、私を抱きしめながら色々話てくれた。障害があるなしに限らず、男として魅力があるから自信を持って良いということ。ただ身体の快楽だけではなく女性のことを思ってすること。そして、愛し合ったエッチは、今日の気持ち良さと比べものにならないくらい気持ちがいいこと。

 初めての相手があやで本当に良かった。あやに教わったことは、私の性事情の根っこになっている。今まで出会ってきた女性に感謝されるのは、あやのおかげだ。本当にありがとう。そしてまた色んな女性と出会い色んな経験を経て成り立っている。それはまた機会があれば投稿したい。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ