派遣きりを見送る条件のハゲ社長のテスト - パート・派遣社員の体験談

派遣きりを見送る条件のハゲ社長のテスト

 22歳の派遣社員です。8月の話です。ある中小企業に派遣社員として事務業をしていました。8月の末に社長に呼ばれて「今月いっぱいで契約を切らせてくれ」と言われました。私の家は父が入院していて私のお給料と母のパートで生活していました。

 その事を社長に言ってどうにか契約延長をお願いすると「うちの会社も厳しいから、悪いね」と聞いてくれません。それでも私は何度も頭を下げてお願いすると「そこまで言うのなら、君の能力テストをして合格なら延長してもいいよ」と言われました。



 私は喜んで「テストを受けさせてください」と言いました。すると社長は「じゃあ、着いて来なさい」と業務中なのに外に出るとそのまま車に乗せました。しばらく走ると突然ラブホに入ったのです。

 私は驚いていると「どうする?このまま帰る?それとも入る?」と意地悪く聞いてきました。社長は50過ぎのハゲデブです。いつもの私なら絶対こんな理不尽なセクハラを許しませんでした。でもその時は本当に家計が厳しくて渋々頷い
てしまったのです。

 部屋に入ると社長はソファに座るとテーブルを指差しながら「ここでオナニーしなさい」と言いました。私は当然嫌がりましたが「じゃあ契約延長はなくてもいいんだね?」と聞いてきます。私は泣きたくなるのを我慢してテーブルの上でオナニーをしました。

 そしてそのまま社長のおチンチンをしゃぶり、パイズリをしました。社長のおチンチンとても大きく、私はこれが入るのかと思うと怖くなりました。しかし、興奮した社長にベットに押し倒されて強引に挿入されました。

 私は嫌がる気持ちとは逆に身体は感じてしまいました。社長が動くたびにおマンコの中が引きずり出されるような感じで激しく声を出してしまいました。そして初めておチンチンで潮を吹いてしまったのです。

 それからは社長に「これからは君は私のものだよ。いいね?」と聞かれて逝きそうになるとおチンチンを抜いてしまいます。それを何度も何度もやられて最後には「逝かせてぇ~、なんでもするからお願い~」と叫んでいました。

 そして「社長のものになるから、おチンチン入れて~」と腰を突き出していました。それからは何度逝かされたか覚えていません。気が付くと夜中になっていて私の膣内には大量の精子が出されていました。

 それからはエロ社長の言いなりです。会社でノーパンノーブラや仕事中に社長室でのSEXや外出する時は必ずラブホに連れて行かれて毎日毎日やられまくっています。社長は離婚しているので休みの日は家にまで呼ばれいます。

 私も今では社長のおチンチンじゃないと満足できなくなって彼とも別れました。社員の人たちにもバレバレで「毎日大変だね」とか「今日は何回したの?」と嫌味を言われます。

 ただ、母には言えないので「残業代のために仕事を優先的に回して貰っているから夜遅くなる」としか言ってません。本当のことを知ったら悲しむので母にだけは知られたくないです。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ