男の子の会話はエロ話が主で恥ずかしかった - パート・派遣社員との体験談

男の子の会話はエロ話が主で恥ずかしかった

 私のパート先には、休日だけアルバイトで入る高校生の男の子がいます。昨日は、雪混じりの天候でしたので、私の車で送って上げたのですが、その時の車内での会話が、一夜明けた今も耳にこびり付いて離れません。

『旦那サンとは、仲が良いんですか?』から始まりました。最初は、私も少しお姉さんぶって、余裕の範囲であしらう様に答えていたのですが、その後の会話の流れでは『週に何回、SEXしてるんですか?』



『一回のSEXで、何回位イカせて貰えるんですか?どのくらい時間を掛けるんですか?』『旦那サンのアレって、大きいんですか?』なんて・・私も、つい言葉に詰まらされてしまって「さっきから、そういう質問ばかりしてっ!まだ早いわよ!」

 と、たしなめたつもりだったのですが『紅くなっちゃって・・カワイイんですね(笑)』と、まるで逆手に取られたみたいに返されてしまい悔しいのと、恥ずかしいのとでつい、剥きになって(・・向こうのペースに乗せられて)しまい

「アナタの年頃だと、そういうコトに興味を持つのも理解らないでもないけれど・・」『へえ~? じゃあ、Kサン(私の苗字)も、そうだったんですね!』「・・(焦)」『真面目な顔をして・・こっそりオナニーなんかも、してたんですか?』

 と・・結局、彼の有意=私には不都合な方向へと会話を持っていかれてしまいました。立つ瀬も無くなり「アルバイトは感心だし・・勉強やスポーツに打ち込んでいれば、素敵な彼女も出来るわよ!」と、機嫌を取りながら、何とか別の話題へと落ち着かせようとしたのですが

『ボク、彼女いますよ(笑) 他にもセフレが2人・・一人は人妻だし』と、信じられない答えが返ってきました!『だって、女のコって“SEX出来ない日”とかも有るじゃないですか・・』『試しますか?評判良いんですよ!!』『本当のSEXを教えて上げましょうか・・(笑)』

「いい加減にしなさい・・」叱ったつもりでしたが、彼の目を見る事が出来ませんでした。それどころか『また剥きになって・・欲求不満ですか~(笑)』なんて・・一回り以上も年下の男の子に言われてしまいました。

 彼の行いは、大人として認められませんが・・でも、ある意味家の主人に、煎じて飲ませたくなる様な、頼もしい部分もあります。また来週、彼と同じシフトの日があります。その日に、また・・雪や或いは悪天候になったなら・・


↓他のHな体験談を見る



ホームへ