オナニーより生女体の方がエロ最高 - 出会い系の体験談

オナニーより生女体の方がエロ最高

 僕は35歳で人見知り。職場では影の薄い存在。基本誰とも話さないで一日が終わる。帰ってからの趣味はオナニー。休日の趣味はオナニー。僕は世間で言う「キモい」男です。

 ある日、職場の人たちがなにやら某サイトというところで女の子と一夜を過ごした、本当に泊まりに来て楽しかった。などと言っているのに気付いた。僕は物陰に隠れて、その気になるワードを検索した。



 何やら女の子が一晩だけ泊めてと助けをもとめてくるサイトみたいだ。女の子がうちに来たら、それだけで数日はオナニーできる。帰宅しさっそくそのサイトを開き女の子を物色した。

 女の子が家出をしただの、ご飯が食べたい、シャワーに入りたい、彼氏と喧嘩した、ベッドで寝たい。などなどずらりと女の子が並んでいた。僕は家出してお金がなく行くあてもない。という女の子にきめた。

 僕はお金には困っていないので、女の子にプランを決めさせた。ご飯を食べて、シャワー浴びて、お酒を飲んで寝たいらしいのですべて了承すると、会うことになった。待ち合わせをしていると、小柄で可愛らしい20ぐらいの娘がやってきた。

 アニメから飛び出してきたようなロリ顔でアニメ声。僕の大好物です。それから食事に行って、よっぽどお腹が空いていたのか見た目に反してガツガツ焼肉を食っている姿が印象的だった。そのギャップに僕は少し興奮していました。

 食事が終わりシャワーを浴びたいとのことで、すぐに帰宅。こんなロリを連れて歩いている自分が誇らしかった。自宅に着きシャワーを浴びさせる。下着やら洗ってないらしいのでその間に洗ってやった。このとき僕は本当は優しい人間なんだと気付いた。

 女の子がお風呂からあがると、僕が用意したバスタオルを巻いて出てきた。見た目もエロいが、何よりこのバスタオルは洗わないと誓った。さっぱりした女の子にお酒をすすめると、これも豪快にグビグビ飲んでいた。

「ぷはぁ~」とほぼ一気飲みをした女の子がとても可愛かった。もう僕はセックスをしたいというより、この女の子となるべく一緒にいたいと思っていた。僕は女の子に「変なことしないからここに居たいだけいていいよ」と言うと今日一番の笑顔で「うんっ」とうなずいた。

 それから一週間ずっと一緒に過ごしています。当然、何もしないなんてことはなく、毎晩アニメ声の喘ぎ声を楽しんでいます。職場で某サイトのことを盗み聞きして正解だった。


↓他のHな体験談を見る



ホームへ