強揉みの出張マッサージを体験してみた - マッサージでの体験談

強揉みの出張マッサージを体験してみた

 私の体験談です。頭痛持ちのため、天候が崩れてくると体調が悪くなります。特に頭痛からくる肩凝りは相当なもので、整体院の先生を、うならせてしまうほどです。先日も朝から曇り空で、家事が出来ない位の頭痛と肩凝りに悩まされていました。

 外出する気にもなれず…どうにか症状を楽にしたいと考えてたところ、先日出張マッサージのパンフレットがポストに入っていたのを思いだし、早速問い合わせてみました。時間が早かったので、すぐに予約がとれ1時間後には来てくれることになりました。



 ちょうど一時間後、玄関のチャイムが鳴り、出張してきてくれたのは、30歳前後の男性のマッサージ師さんでした。私が電話で強揉みを希望したため、男性になりました。私の行き付けの整体の先生も男性なので、何の抵抗もなく、家に入ってもらいました。

 主人が出かけてそのままになっていたので、寝室ではなく、客間に布団を敷いてそこで施術していただくことになりました。私はアロマとかではなく、単純に指圧、按摩、マッサージを希望したので、Tシャツにジャージという服装です。まず問診をするために、リビングで座って症状を話しました。

 まず私が座った状態で肩の状態を診て、肩の指圧マッサージが始まりました。首の後ろの部分の指圧、肩の指圧と揉みの強さが、私にとてもあっていました。とても丁寧に肩を揉んでくれて「とりあえず一番辛い部分を施術しました。

 本格的に解していきましょう」と言われ、いよいよ布団で横になっての指圧、按摩、マッサージが始まります。うつ伏せになりバスタオルをかけ、肩胛骨の部分から指圧が始まりました。肩凝りは肩胛骨の中まで凝るという感じで、肩胛骨の中に手を入れられて、悪いモノを取り除かれている感じでした。

 入念に肩胛骨部分を指圧され、背骨に沿っても指圧が施されました。肩凝りは腰も悪くするらしく、腰を充分に指圧され、徐々に足へと、マッサージ師さんの手が移動していきます。お尻の辺りを揉まれてる時に、ちょっと一瞬ドキッとはしましたが、マッサージの気持ち良さでウトウトしてしまうほどでした。

 足の裏の痛気持ち良い指圧で、目が覚めました。うつ伏せの状態でしっかり背面を揉んでもらい、今度は仰向けです。さっきとは逆で下から上へのマッサージで、まずは足の指揉みから始まりました。

 一本、一本丁寧に揉みます。足の脛から太ももまで揉まれ、太ももの付け根?は両親指でしっかり揉まれました。その時私はなんとも言えない気分になり、マッサージ師さんの顔を見ることができなくなり、目を閉じてしまいました。

 少しだけ呼吸も荒くなってしまいました。マッサージ師さんも何となく気づき「下半身はこのくらいで…」と言って、私の横に座り、腕のマッサージを始めてくれました。上腕から指先まで、丁寧に解して、掌の指圧は最高です。両腕を揉み終わると、今度は私の頭の上の方に座り、私の頭、顔の部分にタオルをかけ、頭の指圧を始めました。

 五本の指でしっかり頭を揉み込みます。タオルが顔にかかっているのですが、マッサージ師さんの顔が近くにあることは、わかります。マッサージ師さんの吐く息がすぐ近くに感じられます。頭の指圧マッサージの後は「リンパの流れを良くするので両腕を上げてください」と言われ、寝ながら万歳の格好となりました。

 マッサージ師さんは、私の脇の下に手を入れ、脇の下を揉み始めました。最初はちょっとくすぐったかったのですが…少しずつ違った気持ち良さに変わっていきました。薄いTシャツから、乳首が立っているのが丸見えだったら…と思っていたらマッサージ師さんが「奥様、肩凝りは胸の筋肉まで固くします。

 相当胸の方も凝ってるみたいですけど。解しておきましょうか?」と言われ、私は「はい、お願いします」と言いました。最初は乳房を大きく回すようにマッサージが始まりました。乳首には手が当たらないようにしています。

 マッサージ師さんが「直接した方がバストアップの効き目もあります。どうしますか?」と言われたので、私は「お願いします」と言って、シャツとブラを外しました。マッサージ師さんが私の乳房をゆっくり揉み始めました。

 まずは右の乳房を…両指でゆっくり解していきます。次に左の乳房もゆっくりゆっくり揉みます。が、その間やはり乳首には触りません。私も最初は声を我慢してたのですが、気持ち良さに我慢しきれず、息と一緒に声をもらしてしまいました。

 マッサージ師さんは「奥様我慢なさらないでくださいね」と言いながら、両乳房を強く揉みしだいてきました。なんとも言えない気持ち良さです。私は「すごく効きます。いい…もっと強く揉んで…」と言いました。マッサージ師さんは「わかりました。

 奥様は強揉み希望でしたね。しっかりお揉みします。これ効いていますか?」と言いながら、両乳房が変形するくらい揉みしだきます。私も「あぁ…すごいわ効く…乳首のマッサージもお願い」と言い、喘ぎ声が大きくなっていきました。

 胸の按摩でしらされて、やっと乳首を触られた時、私はそれだけでイってしまいました。それから乳首を両指にはさみ、激しくバイブレーションしてきます。手のひらで、乳首を押し潰す勢いでのバイブレーションもたまりません。「奥様、とにかく強い刺激がいいんですね。

 いろいろな手技があります。試しましょうね。私も胸のマッサージを勉強したいと思ってました」と、マッサージ師さんが言いました。それからまた、両乳房を色々な角度から揉みに揉まれました。

 ちょっと変わったマッサージ方法もありました。マッサージ師さんの肘をちょうど乳首の上に乗せ、手首を揺らしながら力を入れるやり方です。私の肩のマッサージの時にしたやり方です。これが堪らなく感じます。私も「気持ちがいい…効く、効く…」しか言えなく、胸だけで何度もイってしまいました。

 ここまでくると私の下半身も大洪水です。しかし一向に、マッサージ師さんは下半身には触りません。「奥様、あれをお借りしていいですか?」と、朝私が使っていた電気マッサージ機を指さして言いました。

「どうぞ…マッサージ師さんもお疲れですよね?」と言うと「私はまだまだです」と言い、スイッチを入れ、私の乳首に当ててきました。すごい振動です。右胸はマッサージ機、左胸はマッサージ師さんが揉みまくります。

 私もこんな刺激は初めてです。マッサージ機が唸りながら私の胸を這いずります。乳首を責められると意識が遠のきます。マッサージ師さんが「奥様、最後に奥様が一番凝ってる所を揉みますから」と言い、私のアソコを親指で指圧してきました。

「ここも直接やりましょう」ということになり、私は全裸になりました。しばらくの間、指でじっくり揉み込まれました。耳元でマッサージ師さんが「どうですか?この部分の指圧マッサージは?効きますか?こちらも強揉みにしますか?」と聞いてきます。

 私はヒィーヒィーと感じていて、「マッサージ効くわ…効く…強揉みで…」しか言えませんでした。「これも効きますよ」と言って、電気マッサージ機をアソコに押し当ててきました。私はものすごい快感に襲われました。「奥様、この電気マッサージ機、癖になりますよ」と言いながら、何度も何度も押し当てられ、そのたびに私はイってしまいました。

ずいぶん長い時間、アソコのマッサージを受けていました。その後に、骨抜きになってしまった私は、もう一度全身マッサージしていただき施術は終了となりました。次回の予約もお願いしました。週一のペースで、指圧按摩、マッサージのコースをお願いしようと思ってます。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ