初々しかった生活費を助けている青森のデリ嬢 - 風俗系の体験談

初々しかった生活費を助けている青森のデリ嬢

 業界の会議があり、一泊で青森市へ。懇親会二次会と飲み、JALシティへ戻った。一緒に宿泊の他支店の友人がデリ好きでいつも出張で呼んでいたのだが、その日は勝手に私の分まで呼んだのだ。寝ようかと思っていたところにデリ譲が来てビックリ!!聞けばそいつが呼んだという。

 素朴なポッチャリさんだったが、断ろうとすると今日はまだ客が付いていないからお願いできませんかと丁寧な物言いに好感を持って部屋に入れた。実は私はデリではイク事が無い。お金の無駄と知りつつ一緒にシャワーを使う。

[PR] 楽しい出会いは登録者1000万以上のPCMAXで・・!
[PR]【人妻NET】夫に不満な人妻が割り切った火遊びを・・!

 話してみると女子大生だという。家の負担を軽くするためにやってると言った。どうせイカないので適当に触らせつつポッチャリさんを触って楽しむ事にした。

 素朴で笑うと可愛いが体型のせいで、彼氏はいないと言う彼女はじっくりと攻めていくとなかなか敏感なようで、普通はこんなにされることは無いと言いながら、かなりの濡れ具合だった。

 奉仕しなくていいと言う私に好感を持ったのか、すっかり感じてしまったのか、入れないとイカないからと言った私に入れていいですよ言ったのだ。君も欲しくなったの?と聞くと頷いて笑う。始めて間もないので客に入れさせたことは無いとの事で生で入れる事に。

 生でもそう早くはイク事のない私の攻めに、彼女は感じてるようで使い込まれていないそこはポッチャリのせいもあってかなりの締り具合。途中一度イキ、彼女の二度目の絶頂とほぼ同時に私もイッた。

 口に出していいと言うので出すと、お掃除フェラもしてくれた。性格がいい子で満足して帰しました。翌日友人に聞くとハズレだったそうで、私の事を羨ましがっていました。思い出の青森娘でした。


↓他のHな体験談を見る



ホームへ