男がセックスするのに愛情は不要だ - 学生の体験談

男がセックスするのに愛情は不要だ

 大学生の頃、某有名飲食店でバイトをしていました。社長は店では怖い顔でほとんど笑いませんが、店を出ると気さくなおじさん。奥さんは経理担当ですが愛想が良く接客も上手て感じよ良いおばちゃん。

 社長夫婦には2人の息子がおり、バイトが足りないので次男もバイトに来ていました。次男とは同じ年で共通の趣味もありすぐに仲良くなりバイト以外でも付き合いが始まりました。



 バイト先では社長と奥さん、プライベートでは友達の父親と母親。自宅に遊びに行くこともありどんどん親しくなりました。社長家族は豪邸に住み車は当時、発売されたばかりの最高級車セルシオ。

 長男はゆくゆく家業を継ぐために同業の有名飲食店で修行中、次男はボンボン大学に新車のランドクルーザーで通っていました。約1年が経った頃、次男がバイトに来る日が減り大学が忙しいのかと思っていました。

 バイトが終わって帰り支度をしていると奥さんが「西村君、よかったら晩ご飯でも食べて帰らない?」と誘われました。その日、社長は同業者と北陸にゴルフ旅行で不在でした。社長家族に何度か連れて行ってもらったことがある店の近所の焼肉屋に入りました。

 大学や部活のこと、彼女のことや卒業後の就職のことなんかを聞かれ雑談。西村君は楽しい大学生活お送っていて羨ましいわ。そのうち話は次男のことに。最近、あの子バイトに来なくなったでしょう。

 悪い友達が付いているみたいで毎日、出掛けているので大学に行ってたと思ってたら行ってなくて単位が取れずに留年しちゃったのよ。留年すると友達と授業も違ってますます大学がおもしろくなくなったみたいで。せっかく大学に入ったのに・・。

 そうだったんですか。親の心子知らずです。しばらく奥さんの愚痴を聞いていました。ごめんねこんな話に付き合わせて。もう一軒、飲みに行かない?翌日、昼からの授業に出れば良かったので自宅に電話をして「バイトの友達と飲みに行くから帰らない」と連絡を入れました。

 当時は携帯電話がない時代でした。奥さんに連れて行かれたのは焼肉屋からほど近いスナック。今日は旦那とじゃなく若い彼氏?(笑)バカね、お店のバイトの子で息子の友達よ(笑)ママとも顔見知りで行きつけのようでした。

 酒が進みカラオケを歌う奥さん。普段、店で見るのとは違う感じで新鮮でした。酒がどんどん進み奥さんが手を繋いできたり腕を組んできたり酔っ払っていました。

 今日ね旦那はゴルフ旅行に行ってるじゃない。同業者と行くなんて嘘。飲み屋のホステスと行ってるの分かってるんだから。そうなんですか!?あっちは好き勝手してるんだからこっちもたまにはハメぐらい外さないとやってられないわ。

 旦那に愛人がいて子供は留年、お金持ちの社長一家もいろいろあるようです。店を出ると、今日はごめんね、いろいろと付き合わせて愚痴ばかり聞いてもらったりして。奥さんと飲んで楽しかったですよ。

 帰りのタクシー拾いますね。とは言ったもののなかなか空車が来ない。大通りの方に出ても同じでした。川沿いにラブホのネオンが見えた頃、ふと、奥さんかもし、嫌じゃなかったらおばちゃんと泊まる?

 いやそんな、俺も男だし襲うかもしれませんよ(笑)なんて言っていると奥さんは腕を組んできて潤んだ目で「西村君なら襲われてもいいよ」と足はラブホの方に向かいました。

 ラブホに入ると奥さんはキスを求めてきました。彼女とは違う舌を絡めた大人のキスでした。性欲が有り余る私はすぐに勃起!奥さんの手は膨らんだ股間に伸びてきました。もうこんなになっちゃって元気ね(笑)

 ジーンズとトランクスを脱がされ軽く扱くとフェラチオされました。当時、奥さんは40代後半ぐらいだったでしょうか、今まで同年代としかセックスしたことなかったので複雑な気分でしたが母親と近い年齢の女との妙な興奮がありました。

 学生の女と違いいやらしい顔で愚息を弄ぶ姿。恥ずかしいから見ないで悪戯っぽく恥じらいながら笑う奥さん。覆いかぶさるようにキスされて奥さんのリードで進んでいきました。あっ!?スルッとぬるぬる温かい感触は一瞬でした。
そのまま騎乗位で挿入。

 ゴム付けないで大丈夫ですか?心配になって聞くと大丈夫よ。チンポの硬さを味わうように膣壁を擦りながらゆっくりと出し入れ。あぁっ、硬いわ、こんなのなん年ぶりかしら。部屋の鏡ごしに艶めかしい腰つきで腰を動かす熟女

 愛のあるセックスより興奮して気持ちいいセックスは最高やな。学生ながら奥さんとのセックスに咲いてハマってしまうのが分かりました。騎乗位から座位、正常位になって下手な腰振りで奥さんの中にフィニッシュ!

 オメコから垂れ落ちる自分の精子を見ていました。こんなおばちゃんだけどイッてくれてありがとう。長い間、セックスしてなあから久しぶりで気持ちよかった。そう言う奥さんはとても嬉しそうでした。

 2回戦は私のリードで奥さんの巨乳を揉み、乳首を舐め、オメコを舐めて挿入!一発抜いていきにくくなっていたので正常位で全力でガンガンに突き続けました。あぁ~っ!凄い!壊れちゃう・・

 いつも彼女にこんなにしてあげるの?羨ましいわ・・そのまま奥さんの中にフィニッシュ!酔いと程よい脱力感でそのまま寝てしまいました。眼が覚めると朝立ちしたチンポを奥さんが触っていました。

 やっぱり若いわね。夜に出したのにもう立ってる(笑)明るい部屋で見る奥さんの熟れた体は適度に肉が付きエロく抱き心地が良さそうな感じ。昨夜、セックスしたからでしょうか、股間に顔を埋め愚息をフェラチオする姿を見ても恥じらう素ぶりはありません。

 気持ちいいです。私の反応を見て楽しんでいるような奥さん。騎乗位で挿入してゆっくりと腰を動かし始めました。
腰を動かすたびに揺れる巨乳、奥さんは目を閉じて硬いチンポを堪能しているようでした。そのままチェックアウトまでハメまくりました。

 ラブホを出て奥さんと別れて帰宅。夕方、いつものようにバイトに行くと社長もいていつも通りの難しい顔。心の中で社長が愛人と浮気している間に、奥さんは俺のチンポを生で挿入して、中出しされていたんだなんて思ってました。

 ちらっと奥さんを見ると、気のせいか奥さんの笑顔がいつもより優しい感じがしました。


↓他のHな体験談を見る



ホームへ