私がまだ新人バスガイドだった頃の体験談 - セクハラ・痴漢・レイプ

私がまだ新人バスガイドだった頃の体験談

 ツアー中に予定されていた、牧場での牛の乳搾り体験が牧場側の都合で無くなってしまった事があります。宿までの車中は謝り通しだったのですが、昼食のBBQとビールでかなり酔われていた御客様方からは『代わりに姉チャンの乳揉ませてくれよ~笑』とか

『タプタプして随分と張ってるから、いっぱい出るだろ~!』などと、しつこく絡まれてしまいました。私も私で、経験が浅かった事もありまだ、上手いあしらい方が身に付いておらず「まだ…(母乳なんて)出ませんから‥」

[PR] 楽しい出会いは登録者1000万以上のPCMAXで・・!
[PR]【人妻NET】夫に不満な人妻が割り切った火遊びを・・!

 と、冗談やからかいに一々真に受けた返事をしては『じゃあ、長くても十ヶ月後には(母乳が)出る様にして上げようか!?』と、更にエスカレートするセクハラに立場を忘れて、閉口・絶句させられ顔を紅潮させて、涙目になりながら対応したのを憶えています。

 情けない言い方ですが、幸いにして宿に到着してから~翌朝の出発までは業務としての御客様との接触はありませんからホッと一安心…したのも束の間です!

 毎晩、一緒に乗務したドライバーさんとはその日の反省と、翌日の予定計画の確認の為のミーティングがありそれも、人や旅程などによって“なあなあ”や“まちまち”なのですが

 実は、そのドライバーさん(50代)からはその以前のツアー中に一度迫られていてその時は、何とか“最後まで”だけは断っていたのです。ドライバーさんの部屋を訪ねると、既にビールを飲みながら『今日は、反省して貰う点がいっぱいあるからな…長くなるぞ!』と告げられました。

 その後は、ご想像お決まりのコースです。その後、私は、主人と結婚してからも暫く働き続けましたが癖のあるドライバーからの厭がらせや、同性同士による陰口や意地悪、御客様からのクレーム…

 それらを回避する為に、在職中は少なからずのセクハラや、それを超える行為に文字通り“揉まれる日々”が続きました。(…決して、主人には明かせませんが)


↓他のHな体験談を見る



ホームへ