セミナー受講の為の新幹線での出会い - 出会い系の体験談

セミナー受講の為の新幹線での出会い

 新幹線に乗り座ると、間もなく隣に一人の女性が座りました。少しふくよかな女性、グレーっぽいスーツ姿でもわかる胸の膨らみ、何となく保険の外交の人を思わせる感じでした。私は社命で、あるセミナー受講のための出張でした。

 新幹線が動きだすと、話しかけてきたのは女性の方からでした。『出張、かなんかですか?』私はセミナー受講のことを話す、女性は驚いた顔をして、私も同じセミナー受けるんです、なんたる偶然か、さらに偶然が偶然を呼ぶ、宿泊するホテルも、会場から近い同じホテルだったんです。



 名刺を交換、意気投合、新幹線を降りホテルまで一緒に行動、夕食も一緒に取り、またホテルに戻りました。私達夫、42歳、一つ年下の嫁さんに小学生二人の子あり、女性は正江、45歳、五つ年上の旦那さんと、社会人と大学生の子ありの働きながらの人妻さんでした。

 翌日のセミナーも一緒の行動と当然なり、それも終えて、翌日新幹線で帰るだけとなりました。食事をまた一緒にし、ホテルに戻りました。部屋でシャワーを浴び、出ると正江からラインが来てました。『良かったら一緒にちょっと飲みませんか』

 私はあまりお酒は飲める方じゃない、けど明日は帰るだけの気持ちから、正江の部屋を訪ねました。正江の部屋の階には、自販機コーナーが有り、正江はそこで缶酎ハイやらビールやらを買ってました。

 セミナーの話から仕事の話、やがて家庭の話、正江は多少酔ってきた様子、正江は椅子に、私はベッドに座ってましたが、正江がベッドの私の隣に座り直し、肩を寄せて来て、もしかして誘われてるんじゃないか、鈍感な私でもそう思いました。

 正直な話、私は26歳で嫁さんと知り合うまで童貞、それ以降も嫁さん以外との経験は無し、女性から誘われてるっぽいって経験が無く、戸惑いました。正江は家庭の愚痴を話しながら、私の肩に頭を傾けて来ました。ここは地元から離れた場所、すでにホテルという密室に二人きりです。

『あの、そんな近寄られたら、俺変になりますよ』すると正江は言いました。『私もちょっと変になってます』正江の肩に手を回すと、正江はただ肩を抱かれ、何の抵抗もありません。正江の顔をこちらに向けさせると、正江はそっと目を閉じました。

 やっちゃっていいんだ、そう覚悟を決めた私は、正江の唇に自らの唇を重ねました。数回唇を重ね、ホテルの寝間着越しに胸に手をあてがい、それにも抵抗は無しでした。ふくよかな胸は、嫁さんよりも大きくて柔らかく、寝間着の上を脱がすと、ベージュのブラ、それに収まりきれなくなってるみたいに、若干はみ出してました。

 正江に抱きつくようにしながら、背中のブラのホックに手を回す、プルンと弾けるように胸があらわになると、意外なほど垂れなくて、大きめの乳首も色が抜けたようなピンクっぽい色でした。

『大きい、それに綺麗だ』つい出た言葉でした。恥ずかしそうな表情の正江が言いました。『そう言ってもらえると嬉しい』下から持ち上げるように、揉んでみました。重量感が伝わってきました。乳首を軽く、指先で転がすと、すぐ硬くなりました。

 正江をベッドに寝かせ、私は正江に被さり、胸を寄せ上げ、乳首を口に含みました。『あぁ~』正江の甘い吐息みたいな声が、耳に届きました。正江の手が私の後頭部を擦り、もっと舐めてと催促してるかのようでした。

 嫁さんでは味わえない、その豊かな胸を散々堪能してから、私は手を下に忍ばせました。ホテルの寝間着と下着、それを脱がしました。多少無造作に生える陰毛、口で胸を舐めながら、右手で正江の密林をかき分け、性器をまさぐりました。

 既に充分なくらいの潤いがあり、人差し指が簡単に中に飲み込まれて行きました。『あふっ!』正江の声が、若干強くなりました。クチャクチャと音がして、それがなんとも卑猥に聞こえました。私の愚息は、嫁さんとしてる時では有り得ないくらい、ビンビンになってました。

『あのここ、(性器)も舐めていいですか?』正江はうんと頷きながらも、ちょっと待ってと言い、私の寝間着スエットを脱がせました。嫁さん以外に初めて愚息を晒す恥ずかしさ、ビンビンになった愚息を見た正江は、それを優しく擦りました。

『凄いですね?私より三つ下なだけとは思えない』自然な形で69へとなりました。私が下、正江が上でした。形は崩れ、色も黒い性器ですが、そこから漂う香りが甘く、興奮に更なる拍車をかけました。それ以上に私を興奮させたのが、正江のフェラでした。

 嫁さんのフェラとは違い、舌をじっくりと絡めるようなフェラに、私の愚息はイカされる寸前にまで、あっという間に追い込まれました。このまま終わったら、正江に失礼だし情けないと思った私は、正江の下から抜け出しました。

 そこで私は、重要ことを思い出しました。コンドームがありません。それを正江に伝えると、正江はあっさりと答えました。『大丈夫ですよ?年も年だし、気になさらないで』正江がさぁ来ての姿勢を取るものですから、私もそれならとなりました。

 正江の足の間に割って入り、愚息を正江の性器に押し付けました。ヌルルルッと飲み込まれて行く愚息、正江の中は非常に熱く、侵入者を包み込むような感触でした。腰を動かすと、正江の声が強くなり、私の興奮を更に押し上げました。

 フェラでイカされる寸前に追い込まれていた私は、ひたすら我慢我慢でした。安いビジネスホテルのシングルルームを気遣ってか、正江は時より手で口を押さえたりしてました。正江の性器内部が、激しく伸縮しているのがわかりました。

『イケそうですか?』口を押さえながら、正江は頭を大きく頷かせました。そこまで来たらもう、我慢の必要がなくなりました。一気に腰を振りました。シングルルームのベッドが、ギシギシときしみました。正江の口と手の隙間から、声が響きました。『イ、イク、イク!』正江の中が、一気に縮まった感がありました。

『正江さん、俺も限界』中に出してはヤバい、一瞬の判断で愚息を抜きにかかりました。すると正江の中は、まるで抜かれてなるものかみたいな、締まると言うより掴まれたような感じになり、その抵抗を振り払うように抜き、腹部に精液を飛び散らせました。

 私は心臓をバクバクさせて、汗が吹いてました。正江は身体をビクッ、またビクッとさせてました。私はベッドの上で正座、正江のその様子を眺めてました。良かった、満足させれたようだ、奇妙な安堵感がありました。

 正江の身体も、落ち着きを取り戻しつつありました。『ありがとう。凄く良かった』正江の言葉が非常に嬉しく感じました。嫁さんとセックスして、ありがとうとか、良かったとか言われた記憶がありません。正江はゆっくり起き上がり、腹部の精液と股間をティッシュで拭き取ってました。

 私も愚息をティッシュで拭いてると、正江が言いました。『四年ぶりでした』私が?みたいな素振りを見せると、正江は続けました。『こうゆうこと、いたすのが四年ぶりってことです』私はちょっとイタズラな質問をしました。

『ご主人と?それともそれ以外の人?』正江はニコッと笑いました。『主人ですよ?でも』私はまた?の仕草をしました。『若い頃、もう十年以上前、主人以外の人と数回寝ました』『不倫経験、有りでしたか』正江はうんと、頷きました。

『私は初めてで、実は嫁さん以外を知らなかったんです』正江は、え~!?みたいな、驚いた顔してました。多少話しをして、シャワーを浴び、私は自分の部屋に戻ろうとなりました。翌日の帰りの新幹線が、私早い時間だったからです。

 部屋を出る時でした。『○○(地元)に帰ってからも、会っていただけますか?』私は答えました。『その前に、明日朝起きたら、正江さんを抱きにここに来るかもしれませんよ?』正江は笑いました。

『じゃあ鍵、かけないでおきますね』笑う正江に言いました。『帰ってからも、会いましょう』正江の部屋から出ました。翌朝、アウトする前にラインしました。まだ寝てたか、返事きたのは、最寄り駅についてからでした。

『来るかと思って早起きしたけど、二度寝してました。次回は帰ってから』昨年春先の話しです。お互い、家庭に仕事があるため、そう頻繁には会えませんが、続いています。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ