家事もエロもOKな美人の義母 - 近親相姦の体験談

家事もエロもOKな美人の義母

 嫁が入院し嫁の母が来てくれることになりました。優しくて美人の義母が来て一週間後くらいに寝室でオナニーをしてると義母が洗濯物を持って入ってきました。「ごめんなさい ノックしたんだけど」と言われ「すみません 気づかなくて」と気まづい感じで義母が出て行きました。

 翌朝 義母に謝ると「若いからいいのよ 早くあの娘が退院できたらいいわね」と言われ送り出してくれました。その夜 食事中「昨日お義母さんに見られたから ここでしちゃおうかな」とふざけて言うと



「いいわよ 私はみないフリするから」と言われティッシュの箱を渡されました。「じゃぁオカズにお義母さんのパンティを見せて」と言い返すと「おっきい色気のない下着だからダメよ 今度持ってくるから」と言われ

「じゃぁ みかのパンティ穿いてよ いいでしょ?」と言うと、笑いながらも嫁のタンスを一緒に見に行き紐パンを見つけると「こんなの穿いたらお父さん燃えるかしら」と笑って話す、お義母さんに興奮してました。

 黒い下着を選びお義母さんに渡し、リビングに行ってると下着姿でお義母さんが来ました。照れながらも「早く出してね 恥ずかしいから」というのでチンポを取り出しました。お義母さんは目をそらし足を開くように頼むと、М字になってくれ僕は射精しました。

 終わってお礼を言うと「出した?」と聞かれお礼をまた言いました。翌日も嫁の下着をつけてもらいオナニーをし、その次の日はお義母さんに四つん這いになってもらいました。ちょっと食い込んでマンズジが見え、興奮してるとマンコ部分にシミが見えました。

 近づいて「もう少し足を開いてください」と四つん這いの義母にお願いするフリをしてマンスジにチンポを押し付けました。ピクピクと反応する義母にさらに擦り付けると、義母は嫌がらず義母もお尻を少し振ってきました。

「お義母さん これ凄くいい 出そう」と言うと「うん 出していいよ」と言われ擦ってると、マンコのシミが広がって凄いことになってました。お尻を開くとパンティからはみ出たマンコが見え、パンティを浮かせてチンポを直接当てました。

「あっダメよ」と言ったけど、それだけだったのでチンポを動かすとヌルヌルしてました。義母も「あっ あっ」と感じててやりたくなったけどちょっと迷ってました。よつんばいの義母のパンティを脱がそうとすると、義母から足を浮かせて脱ぎやすくしてくれ濃い陰毛のマンコを見ました。

 義母のマンコを舐め 義母の顔の方にチンポを持って行くと義母も咥えてくれました。義母のマンコにチンポを挿入しそのまま中に出しました。「しちゃったね 我慢してたのになぁ」と義母が言うので

「これから毎日お願いします」と言うと、嫁が退院するまで毎晩やらせてもらいました。義母にはアナルまで教えてもらいました。退院後は一度もしてないけど、頼めばいつでもやらせてくれる優しい義母です。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ