義妹の服が軽装で体のラインや胸が丸見え - 知り合いとの体験談

義妹の服が軽装で体のラインや胸が丸見え

 俺は30歳の会社員、妻のマコは28歳で妊娠した。妻の妹のマキは26歳で二人の子持ちでよくウチに遊びに来る。最近の暑さのせいかマキの服装が薄くなってきた。ミニスカートに胸が丸見えのTシャツ。尻もパンティーも胸の谷間も丸見えで目のやり場に困る。

 たまに注意するんだけど気にしない気にしないと言ってお構い無しだ。マキは俺の超タイプなんだ。先週の日曜日妻が買い物に出掛けていて俺はAVを見てオナニーしてた。妻の前では流石に見れないしな。



 インターホンがなり、始めは居留守使ってたんだけどしつこく鳴るのでAVを一時停止にしてドアを開けるとマキが「お姉ちゃんいる?」俺が買い物に出てて居ないと言うと「バックとワンピ借りたいの、ちょっとお邪魔するね~」と言って上がり込んで来た。

 ヤバ、AV見られた…マキが一瞬立ち止まり、俺を見てニヤリとして奥の部屋に行った。5分位で戻ってきた。これ借りてくからお姉ちゃんに言っといてと言った。「マキ、あのこれはね~」「わかってるって~お姉ちゃん妊娠したからエッチしてないんでしょしゃ~ないじゃん、何なら私が手伝ってあげようか?」

「えっマジで?」「冗談よ、お兄さん」俺は我慢出来ずマキを抱きしめていた。「俺はマキが好きなんだよ、わかってくれよ~俺の気持ち」腕を掴みソファーに座らせた。「お兄さん駄目だよ、駄目だって~」

 押し倒しキスをしようとしたが顔を横に向かれ、服の上から胸を触った。ミニスカートなので太ももを触りまくり、パンティーの上からマンコを触ると湿っていた。Tシャツを捲り上げブラを外し胸に顔を埋め舐め回した。

 マキは大人しくなり息使いが荒くなってきた。乳首を甘噛みすると身体をピクンとさせていた。スカートとパンティーを同時に脱がせ裸にした。俺も全裸になりマキの全身を触り、舐め回した。マンコに顔を埋めた。マキは白濁の本気汁を出していた。

「マキ凄く濡れてるね~厭らしいコだ~旦那でなく俺に抱かれて感じてるんだ~」「お兄さん旦那の事は言わないで…もう半年もレスなの…抱いて…」マキは俺の上に乗りキスをして来た。舌を出し俺に絡めて来た。

 俺のチンコを扱きしゃぶりついて来た。唾液を含ませジュポジュポと音を立て、厭らしいフェラで逝きそうになってきた。マキを寝かせ正常位になりマキのマン汁を塗りつけていると「お兄さんゴムは?そろそろ危ないの」「俺もマコもゴムは嫌いだからウチには無い」

「じゃあ中に出さないでね~お願いよ」俺は頷きゆっくり挿入した。半年レスだけあって出産したわりには入口はキツかった。「アアン~お兄さん~あああ~凄く大きい~ああ、アンアンアン~」「マキ~俺はマキとこうしたかったんだ~愛してるよ、マキ~」「お兄さん~私も好きです、ああん感じる~」マン汁が溢れ出てきて滑りが良くなってきた。

「お兄さん~奥に当たるの、ああ~気持ちいい~」ピストンを激しくするとクチャクチャと厭らしい音を立ててくる。「お兄さん~もう駄目~逝く逝く~」ピストンを早めるとマキは俺の腰に脚を絡め背中に腕を回してきた。

「マキ~脚を外せ~逝く~うっ、ヤバイ、出る~」マキに抱きつかれ腰を引けず中に出してしまった。暫く抜いて無かったから大量の精液を子宮口に出してしまった。「マキが抱きつくから中に出してしまったぞ」「ごめんお兄さん~気持ち良すぎて~妊娠しないように祈りましょ」

 一回だけの約束は反故になり週に一、二度関係してます。「お兄さん溜まってるんじゃ無い?」「マキがしたいんだろ~抱いて下さいと言え」「お兄さんの意地悪~抱いて…」会社員帰りに待ち合わせしてラブホに行ったり、

 多いのはウチに来て妻がお風呂に入って時に廊下でするのが一番興奮する。声を押し殺し「お兄さん~来て~」と、俺の耳元で囁かれ俺は鳥肌が立つほどに感じてマンコに射精する。

 マキはトイレに走りビデで膣中を洗い流し、俺は精液の着いたティッシュの後片付け…妻がお風呂のフタをする迄抱き合ってディープキスをしている。マキは射精感が気持ちいいらしくピルを服用し始めた。祈りが効いたのか生理も来た。


↓他のHな体験談を見る



ホームへ