人妻もアレの快感が忘れられないのかな - 出会い系の体験談

人妻もアレの快感が忘れられないのかな

 出会い系で知り合って、一時期良く会ってHしていた女性と久しぶりに会うことになった。前は週1ぐらいで会ってたけど、ちょっと飽きてきたので疎遠になってた。会うのは三ヶ月ぶりぐらいかな?

 その間、人妻カクテラスからのメールもなく音信不通だったので、てっきり終わっていたと思っていたのだが先週久しぶりにメールがあって少し驚いた「ご無沙汰してます」という件名で久しぶりに会いたいとのこと。



 断る理由もなかったので約束をし待ち合わせをした女性は40代の熟女主婦で名前はエリ(仮名)この人妻はM女で、調教というよりは調教っぽいプレイや羞恥プレイをする間柄。

 子供も高校生になり手間がかからないので以前は頻繁に会っていた。四十路というと少し年上になるが、こちらは気にしない。容姿や年齢関係なく助成の欲望や願望はあるし、そういったことをさらけ出せるのはみな可愛い。

 年上に「可愛い」と言うと不思議な感じだけど平気で年上にも「可愛い」という言葉は使う久しぶりに会ったが相変わらず可愛い印象。こちらに対しての接し方も変わらないし、満たされたい願望も同じだ。

「久しぶりにアレをつかっていただけませんか?」年上ではあるがエリはこちらには敬語を使う。ちなみにアレとは、遠隔操作出来るリモコンバイブのこと、人妻カクテラスでリモコンバイブプレイを募集したら一番目に釣れた熟女。

 それだけではなくエリは少々露出癖のあるドMなオンナ。こちらがトイレに行くように促すと、リモコンバイブの入ったポーチを小脇に抱えて恥ずかしそうに歩いていった。ほどなくして戻って来ると

「前のようにちゃんと下着は脱いでパンストだけにしました」「淫乱でいやらしい奥さんだね」私の使っているリモコンバイブはすっぽりと膣中に納まるタイプなので落ちる心配はあまりない。

 それにパンストで抑えられているので変態な気分だけが助長される感じだ。そのままホテルに向かわずに少し歩いてみる。お茶したり、デパートを回ったりときおり、恥ずかしそうに歩くエリ。おそらく歩いている最中でもエリは濡れっぱなしだったと思う。

 久しぶりなのだろう、エリは歩きながらでもこちらに見えるようにスカートを捲くったりしていた。「相変わらず可愛いね、エリは。欲しくなったんじゃないの?」「は、はい。欲しいです」

 そう答えるエリを連れてその後はホテルでお仕置きしたり、エリが悦ぶことをたっぷりとしてあげるとエリはまた会いたいと伝えて帰っていった。ホテルだけでなく街中でもアブノーマルなプレイをしたがるエリのような人妻はやっぱり可愛いなと思う。

 ちなみにエリはセーラー服でお仕置きされると、悦ぶ変態奥さん何か学生時代に戻った気分に戻れてその上、青春時代のシチュエーションに物凄く興奮するらしい。子供いる四十路の熟女妻なのに本当にいやらしい女性です。


↓他のHな体験談を見る



ホームへ