下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私 - セクハラ・痴漢・レイプ

下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

 私のパート先は女性が少なく、逆に男性社員さん達からは優しくして貰えるのですがその分というか、職場内では結構卑猥な会話が多く違った意味で、服装や姿勢とかにも気を付けていないといけません!

 下着の透け具合を凝視され、あり得ない理由でラインをなぞられたり、それを卑猥な言葉で表現されたりと、超のつくセクハラ環境なのですが元々M気のある私ですから、決して不快ではなかったんです。

[PR] 楽しい出会いは登録者1000万以上のPCMAXで・・!
[PR]【人妻NET】夫に不満な人妻が割り切った火遊びを・・!

 でも他人目や世間体とかを意識してしまうと、それが軽い猥談などであっても愛想笑いでもしようものなら「それを受け入れているイヤラシイ女」と、見られてしまうのが怖くて(=恥ずかしくて)加えて私は、現在夫が単身赴任中ですので

「旦那の留守が我慢できない欲求不満の人妻」と、以前にからかわれた言葉が強く残っていて(←あながち図星で)そんなレッテルを貼られてしまうのが怖くて軽く受け流す事さえ、どうしても出来ずにいました。

 ですが、週末の飲み会(もちろん下ネタ満載!)の帰りについに職場の男性と関係に堕ちてしまいました。『ちょっと酔い醒ましに』と誘われたお店で、横に座る彼の手は外側から私の腰に巻き付き、グイっと強く引き寄せられました。

 私は反射的に、上から彼の手を抑えましたが本当は凄く弱いんです…この体勢。さらに、仕事の話を皮切りにして普段の職場での下ネタへと話題を移して私の夫婦生活へと振ってくるのです…主人が不在中と知ってるクセに!

 お店を出て『表通りでタクシーをつかまえるから』と歩き始めた道(コース)は、ホテルだらけです。入り口前で拒む私に『…誰か(知ってる人)に見られても良いの?』と囁かれ、そして『旦那の代わりにタップリ可愛がってやるよ…ヤラセろよ!』という(頼もしい)言葉にゾクゾクとしてしまい

「入るだけですから‥」と、自分への言い訳をした私の体には今度は服の上から胸を揉みまさぐる様にして、彼の手がまとわり付いてきました。エレベーターの中で既に、首筋や領に舌を這わされて部屋に入るとシャワーも使わせて貰えず

“何故だか彼が周到に用意していた”ローターを両胸に当てられて、バイブレータでお尻のアナ(入り口付近)まで責められました。『こんな大きくてイヤラシイ形のオッパイしてたら、たとえ毎晩旦那に責めて貰ってても物足りなかったんだろ?これからも面倒見て上げようか?』なんて言われて…頷いてしまいました。


↓他のHな体験談を見る



ホームへ